東和工業株式会社

ブログ

けんこう。

更新日:2018/04/25

先週、ドックへ行ってきました。といっても「脳」だけの。

実は弊社では、毎年秋に社全体で健康診断を実施しています。
身長や体重、血圧の測定、血液や尿の検査だけでなく
聴覚に心電図、バリウムを飲む胃のX線撮影まで、
結構本格的なもの。その分、時間も費用もかかります。

ningendock

けれど、毎日元気に働けるのも、健康があればこそ!
そういう思いで長年継続している取り組みです。

それに加え、経営者責任として春はドックで診てもらいます。
奇数年には全身を、偶数年には脳だけをという風に隔年で。

現代人が病気になるのは、その殆どが食べすぎ+飲みすぎ、
そして運動不足によるものらしいです。
つまりは、栄養の取りすぎ。代謝&消費の少なすぎ…です。

気をつけるべきことは多いのですが、正直上手くいきません。
また、そこそこの年齢になるとアチコチにガタも出てきます。

私事ですが、最近モノが見えにくくなり眼科へ行きました。
そして、生まれて初めて眼球の硝子体に注射を打ちました。

vegf
ひぇー!

けれど、そのお陰で予後の病状は安定しています。

結論!

おかしいな…と思ったら迷わず診てもらいましょう。
診断や治療のことを考えると二の足を踏むかも知れません。
だって、怖いもん。。。
けれど、放っておいて治るものばかりではありません。

自分が頑張るべきはそんなところではない。
病気のことは専門家に任せるのが一番。

当たり前のことですけど、改めてそう気づかされました。

img_main

一病息災(いちびょうそくさい)。

一つの病気があることで健康にも気を遣い、結果として
息災でいられるという教え。現代社会では、無病息災よりも
現実的で結果オーライとなることが多いように思います。

PK2017072802100038_size0

日本では男女とも平均寿命が80歳を超えました。
長生きなのは結構なことですが、本当にそれだけで幸せ?

いくら長寿といっても、ぶっちゃけ死んでいないだけで
自身のしたいことが何も出来ないのは本意ではないハズ。

健やかであることの幸せ。それが「健幸」。

160303_illust_match_1

長生きすることが目的ではなく、自分のしたいことを
長く続けられるよう「健幸」でありたいもの。

長寿を心から喜べるような生き方をしなあきませんな。

TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.