東和工業株式会社

ブログ

汗活。

更新日:2018/06/15

有難いことに、私の暮らす大阪の田舎では
比較的地域の交流が盛んです。先週末も
町内会のご近所さんたちと、日帰りながら
親睦を兼ねて、和歌山の温泉へ行ってきました。

xf0f9ik15s6s56x45

今回お邪魔したのは〇つらぎ温泉〇風の湯。

百年ほど前の造り酒屋を改装した施設ですが
平屋建てなのに、館内は迷いそうなほど広い。
お風呂も沢山あって、有〇温泉でみかける
金の湯のごとき含鉄泉まである本格ぶりでした。

image_mongoru

モンゴル式サウナという岩盤浴で寛いだり、
屋外では庭を散策しつつ足湯を楽しんだりと、
本当に1日中過ごせるような設えになってます。

なるほど。。。このサービスなら、土日祝で
千円超という強気の価格設定も頷けるかな。

けど、ここに書いてある「ロウリュ」って何だ?

案内ポスターの記述によれば、1日に2回
高温サウナ内で実施される催し物のことらしい。

そのとき、ちょうど館内アナウンスが。。。

e383ade382a6e383aae383a51

私がそのサウナに到着したとき、既にそれは
始まっていました。威勢のいいお兄さんが
嬉しそうにジョウロを持って焼け石に注水。
室内の温度はあっという間に上昇します。
もちろん、視界はもう一面真っ白!
お兄さんは大きなうちわを取り出し、嬉々として
扇ぎ始めます。それもご丁寧に1人ずつ順番に。

一、二、三、四、五、六、七、八、九、十。

sentou_sauna

大きな文字で「熱風」と書かれたうちわからは、
文字通り猛烈な熱風が放たれます。マジ暑い…

いや、熱い!か? 多分、正解はコッチやろな。

各人十風の儀式が一通り終わると、焼け石へ
さらにジョウロで注水。室内の暑さはもう一段
上がります。そしてうちわでもう一周。マジかっ!?

全身から汗が吹き出し、呼吸すら重苦しい…。

7dc2d3da88249d12f31ea50ff5ccb3a1
三周目を待たずして、あえなく退散致しました。

これがロウリュというものらしい。聞けば、
フィンランドの言葉だそうで、現地では白樺の
枝葉で静かに叩く程度のものらしいけれど、

C6SGBIcVMAAaqUb
スタッフがタオルで扇ぎまくるドイツ式が
日本ではうちわを用いた形になったのだとか。
なんでも、最初に取り入れたのは大阪にある
商業サウナだそうで、言われてみれば、昔見た
探〇!〇イ○ス○ー〇に、熱波隊って出てたなー。

20160715_0082photoby-grafeel

夏至を間近に控え、梅雨時とは言いながらも
晴れれば結構気温も上がる6月の後半戦。
身体が暑さに慣れていないと、汗もかけずに
へばってしまいそうですが、今年はロウリュの
お陰で汗腺がめでたく開通。パチパチパチ!

mineraru

スポーツ選手の高地トレーニングみたいなもので、

強めの負荷をかければ多少のムリにも耐えられる?

本格的な暑さはまだもう少し先になるでしょうが、

アセカツで一足早く気持ちのよい汗をかけたので、
今年の夏も、元気に過ごせそう!…な気がします。

TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.