東和工業株式会社

ブログ

仮想通貨。(月別: 2018年2月)

更新日:2018/02/25

興味がない。。。

そんなことを言いつつ何故か気になっているのが仮想通貨。

もう少し正確に表現すれば、財布を開くほどの興味はないけど

少しばかりの関心はある…ということなのかも知れません。

bitcoin_img_og-1024x538

いわゆる、自国通貨への信認が不確実なものだと

外貨を保有することで安心感を得ようとする。

また、紙幣の偽造に代表されるような不正によって

貨幣自体の信頼性が揺らいでしまう。

残念ながらそのような国は存在しますし、結果的に

仮想通貨に舵を切るのは分からないでもありません。

けれど、日本はどうでしょう?

円への信頼は揺るぎないものですし、大きな街の

目抜き通りには必ずといっていいくらい、

銀行が店舗を構えています。地方においても、

かなりコンビニは普及したといっていいでしょう。

images

つまり、利便性では日本人は困らないということ。

日常的に海外への送金をしている人以外、

仮想通貨を使用する理由はないと私は思います。

今さら言うまでもない一般論なのですが、

欲しいと考える人が多ければ価格は上昇し、

手放したいと皆が思えば価格は下がります。

price_images

近い将来に値上がりすることを期待して、

使うつもりのない商品を購入する。

通貨は決済に使用されてナンボなのに

流「通」しない「貨」幣になっていると感じます。

だから、仮想○○なのかな…或いは、仮装か?

kasou_images

商品やサービスを提供する業種においては、

「付加価値」を生み出すことが出来ますし、

結果として価格に転嫁することも可能です。

けれど、金融は少々事情が違います。。。

誰かが儲かると必ず誰かが損をする。

投機を目的とした、使うつもりのない買い物。

元々からして、価値を付与していないのだから

本来は安くて当たり前。使う人がいないので

たまたま高い価格が維持出来てしまっている。

無題-2

いつかエラいことになってしまうのでは?

そう思うからか、財布の紐はなかなかゆるみません。

実はねじ屋にとって、ゆるまないのはいいことなのですがね。

なにぶん実体がないので、頭の中はモヤモヤだらけ。

おそらくですが、その点だけは仮想ではない気がします。

TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.