東和工業株式会社

インタビュー -小井 裕紀-

一日の簡単な流れ
7:40 出社・着替え
7:50 機械点検、加工前製品移動
8:00 作業開始
ねじ切り機械稼働、検品
9:00 タップ(ねじ切り工具)研磨、半製品移動
12:00 昼休み
12:45 作業再開
検品、タップ(ねじ切り工具)研磨
16:30 作業終了、機械清掃
16:45 終業・着替え
16:50 退社
1.東和工業でのあなたの仕事内容を教えてください。
主にナットブランク品(ねじが切られていない状態のナット)に、ねじを切る機械のオペレーターをしています。
主な作業は半製品の移動と検品ですが、その中でも研磨と言う、ねじを切る事によって磨耗したタップ(ねじ切り工具)の刃を専用の機械で磨き、再度、使用可能にする仕事を任されています。
2.なぜ東和工業を選びましたか?
元々ものづくりが好きで、その中でも物と物をつなげるという、世の中になくてはならないものを作っているところに、興味を持ちました。
また、自社で一貫して製造していると知り、ナットってどうやって作っているのだろう?実際の製造工程を見てみたいと思ったのがきっかけです。
3.仕事の中でどんなことに気を付けて仕事をしていますか?また、どのような時にやりがいを感じますか?
製造業ではよく耳にしますが、安全第一、品質第二、生産第三が私のモットーです。
仕事上、回転物やホイストクレーンを扱う事が多いので、ケガのないように注意して行動しています。また、メンバー内での注意や呼びかけも欠かさず行っています。
4.東和工業ってどんな会社ですか?入ってよかったことは?
先輩や上司は困った事があれば、とても親身になって相談にのってくれます。
また、ボウリング大会やバーベキューなど年に数回、会社行事があり、普段あまり話す機会の少ない人ともコミュニケーションが取れ、より仕事がしやすくなったように思います。また、就業時間が早いため、プライベートを充実させられるのも嬉しいです。
5.求人応募者へメッセージをお願いします。
僕も最初は何も分からず、ゼロからのスタートでした。
でも、先輩社員が一つずつ丁寧に教えてくれたので、少しずつ上達しました。経験者、未経験者は問いません。私たちといっしょに堺でものづくりの仕事をしましょう。
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.