東和工業株式会社

ブログ

2021年の節分

更新日:2021/02/02

本日、2月2日は節分です。

毎年2月3日に行っていますが今年は2月2日です。

ちなみに節分が前回2月2日になっているのは

明治30年(1897年)なので124年ぶりらしいです。

なぜ今年の節分が2月2日なのか、少し調べてみました。

  •  

そもそも節分というものは、

立春・立夏・立秋・立冬

このメインとなる四つの目安の前日にあたる日で

“季「節」を「分」ける”という意味があります。

私たちが日ごろ行っている節分は春(立春)に行っていますが、

夏・秋・冬にもあるとのことです。

節分について理解した上で

「なぜ今年の節分が2月2日なのか」

と考えてみます。

  •  

そこには天文学的な理由があったのですが…

地球は太陽の周りを1年かけて回ります。(公転)

そして地球も公転の間に365回自ら回転しています。(自転)

なので、1年は365日となるようです。

しかし、厳密には自転の回数は365.2422回と

365回よりもちょっと多めに自転するのです。

つまり、1年をちょうど365日!

としてしまうと少し早めに1年が終わってしまうのです。

少しとは書きましたが、大体6時間弱くらい早くなります。

1日は24時間…回れない時間は6時間弱…

4年で24時間ぐらいになるから、

そのタイミングで1日足せばよいのでは?

ということになったのです。

ただし、前述通り6時間弱のズレなので

6時間“ピッタリ”というわけでもないので

また時間差が生じるのです。

この時間差によって立春がもズレるため

一日早くなり節分も一日早くなった。

ということなのです。

それが今年2021年だとのことです。

今後数十年は2月2日、2月3日のどちらかになるようです。

  •  

これらを決めるのは国立天文台暦計算室が行っています。

太陽の公転と自転、閏年…

色々なことの影響で

今年の節分が2月2日になっているのです。

普段は節分なんて気にしないって方もせっかくなので

今年は恵方巻を食べたり、豆まきをしたりしませんか?

P.S.今年の恵方は南南東です。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.