東和工業株式会社

ブログ

便利さの代償。(年別: 2021年)

更新日:2021/07/19

今日は元々「海の日」という名の祝日。
けれど、TOKYO2020大会開催のために
今年の海の日は22日へスライドしました。
結果として平日扱いとなり、カレンダーの
表記は祝日なのに子どもは登校、大人は出勤
という何とも妙なことになってしまってます。
 

 
それもこれも法律によって祝日を動かせる
という便利さのなせる業。しかも今回は
5月の時点で閣議決定がされておきながら
約半年間もほったらかしでした。お盆を過ぎ、
カレンダーや手帳を印刷する時分になっても
徒に国会を空転させていたのです。嗚呼…。
 
漸く、2020年11月27日、臨時国会で祝日の
移動に関する特措法が可決・成立しましたが、
業界の混乱など微塵も考慮しない怠慢ぶり。
 
反対意見などまず出ないと踏んだのでしょう。
その思惑通り、余裕で可決・成立しました。
法律一本で変更できる便利さは分かるけど、
もう少し迅速に(例えばお盆前までとか)、
出来なかったものかと、残念でなりません。
 

 
ですが、祝日とは元来決まっているべきもの。
その日を祝日にした意図があり、その目的の
ために国民が祝う。ゆえに休みになっている。
私はそう理解してますが、現実は違いますね。
 
カレンダーのどこを赤く塗るか。可能なら
連休が増えるようにしよう。そうすれば、
みんな喜ぶし、国民もオカネを使うだろう。
 
ハッピーマンデーという仕掛けの本質です。
 
たしかに、一見合理的とも思えますし、
特別措置法を通せば随時変更も可能です。
便利には違いないですが、祝日が持つ本来の
意味や目的を正しく認識できないとなると
弊害も大きいんじゃないかって気がします。
 
便利になるってのも考えものですね。
 
ワープロという言葉は今や死語化している
かも知れませんが、使ってる人や、それが
どういうものなのかを知っている人の方が
まだまだ多数派でしょう。ワープロは元々、
 

 
ワードプロセッサ(英: Word processor)、
または文書作成編集機とも呼ばれたようで、
PCで文章を入力、編集、印刷できるように
開発されたシステムです。非常に便利な反面、
「書かなくなる」ため「漢字を忘れる」と
よく言われました。けれど本当の弊害は
「書けなくなる」ことの方では?と思います。
 
実際、PCでだったらナンボでも打つけど、
自筆で書くとなったらもう大変。漢字が
思い出せないぐらいは百も承知。とはいえ、
それは調べれば何とかなります。けれど、
何枚もの便箋に認めるほど手が続かない!
 
しまいには、ペンの持ち方や自分で書いた
ひらがなに対してでさえ、「合ってるか?」
という妙な感覚が次第に頭をもたげ始め、
いわゆるゲシュタルト崩壊に陥るのです。
 

 
そうなるともう無理。子どもの頃に使った
漢字練習帳が恋しくなるかも知れません。
 
ホンマ、便利になるのも考えものです。
 
IoTという言葉が生まれて久しいですけど、
私たちの身の回りにあるものがネットに
つながる現実は、すでに到来しています。
 
スマホで撮った写真がクラウドへ上がり、
ほぼリアルタイムで別のデバイスからも
アクセスできる機能はとても便利です。
 
スマート家電というカテゴリの商品も
生み出されていますが、それがなくても
スマートスピーカーとリンクさせれば、
赤外線式のリモコンで制御できる家電は
声だけで操作可能です。本当にビックリ!
 

 
「ア〇クサ」というウェイクワードによる
呼びかけなしで、スマホからの操作も可能。
なので、暑い夏に外出先からエアコンを
付けておけば、帰宅時には冷えている!
という使い方も御茶の子さいさいです。
 
けれど、常時ネットにつながっている…
ということは、常時他者からの接続を
許している…ということでもあります。
 
スマホのカメラで勝手に撮影され、
(シャッター音は巧みに消すらしい)
ユーザーの知らないうちに発信される。
しかも、普段使うアウトカメラでなく
自撮り用のインカメラを乗っ取られる。
ユーザーが、いつ、どこで誰といるのか。。。
 

顔認識技術の急速な高度化によって、
ビッグデータを処理すれば、簡単に
解析されてしまいます。便利だからと
怪しいアプリをインストールすれば、
スマホ自体を乗っ取られかねません。
 
そういえば、自国の15億人を1秒で。
全世界の70億人を2秒で同定できる!
って豪語してた某国がありましたな。
 
また、防犯対策やペットの観察用にと
ウェブカメラを取り付けているという
人も結構増えてきました。ネットにも
つながり、出先からいつでも様子が
見られるという便利なグッズですが、
帰宅したユーザーがなぜか視線を感じ、
振り返るとウェブカメラと目が合って?
 

 
その瞬間、ウェブカメラの方が視線を
そらしたという、ウソのような話も…。
 
かく言う私も実はスマートスピーカーの
ヘビーユーザーです。あまりの便利さに
自宅でも職場でも複数台配置しており、
とても快適に使っているのですが、
よく考えたら、かなり無防備なこと。
 
1)アカウントをつくる際に住所を登録。
2)スピーカーのある部屋を明確にする。
3)ユーザーの行動はルーティンである。
 
以上の条件が揃えば、スピーカーに
呼びかけない≒留守の可能性が大!と
触れ回っているようなものですし、
そうでなくとも、ウェイクワードで
呼べばいつでも反応するってことは…
すべての会話・音声を聞かれている…
ということの証明でもありますから。
 
なので、試しに訊ねてみましたよ。
「アレ〇サ、盗聴してる?」って。
 

 
それに対する返しがとても秀逸。。。
 
目に見える形での実害はないものの、
ともかく、便利すぎるのは考えもの。
つくづく思い知らされた気がします。
 
 
-追 記-
件のスマートスピーカーのみならず、
ネットにつながる様々なサービスを
利用するためにはアカウントが必要。
大抵は、IDとパスワード、それ加え、
メールアドレスの入力が求められます。
場合によっては、氏名や生年月日も。
 
その製品がどの国で作られたものか。。。
よくよく考えれば、とても恐ろしい。
 
アカウントごとにメールアドレスを
使い分けているという人は多分まれ。
大抵の場合は、似たようなIDであり、
もしかすると毎度同じパスワード。
しかも、ご丁寧に氏名や生年月日も
登録しているとなると、それ以外の
様々なアカウントまで類推されて
突破されるのは想像に難くないです。
 
ビッグデータ活用で便利な世の中かと
思いきや、代償の方が大きいかも…です。

暑気払いを行いました。(年別: 2021年)

更新日:2021/07/16

本日は、前期の総括となる夏季集会の日でした。

そして、その後は暑気払いの始まりです。

京スペハローサービスさんのお世話でバーベキューに舌鼓。

お肉を味わいながら和気あいあいと過ごしました。

続いて、けん玉競技の現世界記録保持者「しげきひろし」さんを

お招きして特別パフォーマンスもして頂きました。

 

ハラハラドキドキのけん玉ショー、とても素晴らしかったです!

制約の多い日常ですが、ちょっとした気晴らしになりました。

来週からまた、気分も新たに頑張れそうです。

消防署の方に来ていただきました。(年別: 2021年)

更新日:2021/07/13

今日は、消防署の立入検査がありました。

昨年はコロナ禍で実施出来なかったのですが、

ワクチン接種が始まった今年は少し安心。

管轄の消防署から予防課の方が来社されて、

当方の設備や仕事ぶりを見ていただきました。

「署」と付くところからのご来客は、いつも

大変緊張するのですが、少しずつとはいえ

日常が取り戻せていることを嬉しく思います。

賛成と反対。(年別: 2021年)

更新日:2021/06/11

本日は入梅(にゅうばい)。立春から
数えて135日目にあたり、暦の上では
梅雨入りする頃とされていますが、
実際のところはどうでしょうか?
 
西日本は先月中旬の梅雨入りでしたし、
東日本や北日本では、梅雨を待たずに
もはや夏?と言えなくもない気温です。
 
 
 
梅雨入り宣言したとしても雨に恵まれず、
空梅雨(からつゆ)であったり、梅雨明け!
を宣言した後も天候がグズつくばかりで
戻り梅雨(もどりづゆ)と言われたり…
なかなか悩ましい問題にも思えます。
 
いっそ、梅雨時の宣言自体をやめたら?
 
北海道の蝦夷梅雨(えぞつゆ)も含め、
この時季には雨が多いんだよなって、
国民が分かってればいいんじゃないの?
 
そう思わなくもありません。賛成と反対、
そのどちらとも言いにくいですね。
 
やめると言えば、まん防と緊急宣言。
正確には、まん延防止等重点措置、
および緊急事態宣言ですが、これがねー。


今のところ、6/20までとされていて、
殆どの地域では再延長されなさそう。
 
正直、意味があるとは思えないので
(予定している期日を待たずして)
これらは即刻解除してもらいたい。
つまり、両宣言ともに熱烈反対です。
 
その一ヶ月後にはいよいよ東京オリパラ。
 
一年前はどうしようもなかったけど、
TOKYO2020大会を無事に開催するべく、
延期して準備してきたのです。招致を
ともに競ったアゼルバイジャンのバクー、
カタールのドーハ、イタリアのローマ、
トルコのイスタンブール、そして、
スペインのマドリード。それを思うと、
一旦引き受けたものを簡単にやめるなど
おいそれとは言えません。コロナ禍でも
どうすれば出来るのかを死ぬほど考えて、
その務めを果たすべきだと私は思います。
 
   
 
一時期、世論も開催反対に振れましたが、
今は逆転したようです。当然ながら、
私は開催に賛成、中止も延期も反対です。
 
そのために重要となるのがワクチン接種。
日本は遅れている!と言われがちですが、
P社製で1.9億回分、M社製で0.6億回分を
すでに確保。結果的にAZ社製が不要となり、
日本は送れている!とばかりに台湾を支援。
かの国(あえて言います)でも喜ばれてます。
AZ社製については日本で製造しているので
品質は折り紙付き。しかもまだまだ作れる!
 
 
 
たまたま台湾で認可されたものがAZ社製。
かつ、日本で不要となったものもAZ社製。
運んだJAL機はJL809便で、6月4日に到着。
くしくも、’89年6月4日を連想させるって…
チャイナへの牽制も、ミラクル過ぎます!
 
こんなイイ話なのに地上波は扱いが小さい。
ほぼスルーというほどサラッと流しました。

けど、東日本大震災後の義捐金や、昨年の
マスクを送ってもらった御礼をやっとこさ
少し返せたようで私は嬉しい。大賛成です。
 
でも、ココで問題。ワクチンって効くの?
 
海外では非常に高い有効性が見られます!
とは言われてるけど、それって外国よね?
もっと言うと、元々白人向けに作られた
ものを全世界で使おうとしてるのよね?
 
しかも効果があったとされているのは
感染者が多い国。変異株とも関係のある
英国、ブラジル、南アフリカ、インド。

これって基本的に白人と関係の深い国。
人種的にはアーリア人系の国々であり、
イランやイタリア、北米や南米など…
日本を含むアジア系とは相当違います。
 
ワクチン接種自体は、病気の元を
直接身体へ入れるってことなので、
当然ながらリスクが発生します。
 
打つリスク、そして打たないリスク。
 
感染と副反応を問題視しながらも、
大規模接種が日本全国に拡大中。
つまり大掛かりな治験が始まった…
そのように私は冷めた目で見ています。
 
インフルエンザワクチンは50年やっても
万人が認める効果が得られてないのに、
今回の騒動は一体何なのだろうか?

しかも、mRNA型ワクチンはこれまで
一度も認められてこなかった。加えて、
動物実験では芳しくない結果が出てて、
今回のワクチンも長期毒性は全くの未知。
 
やはり、気持ちのいいものではない。
 
たしかに、特定の人種にとっては
特効薬だと言えるのかも知れません。
けれど、ひどく流行している国に
比べて日本はさざ波(あえて言います)。
そこまでやる必要があるのだろうか?
というのが今の私の率直な思いです。
そういう意味で、この件には反対です。
 
CPR検査の陰性証明があったとしても、
その検査後に「感染」していないと
「証明」出来るものではないでしょう。
 
抗原検査や抗体検査にもそれなりに
問題があり、信憑性が疑わしい。

となると、ワクチン接種証明が
実は最も確実で、運用もされやすいか?
 
対面接触制限の緩和や外食の解禁、
ひいては航空機搭乗や海外渡航へも
ワクチン接種証明が活用されるかな?
 
もはや、病気どうこうの問題ではなく
往来を可能とする通行手形の如きもの。
となるなら、打たない方がリスクか。。。
 
そんな近未来を予想しながらも、
かような妄想が現実化しない限り、
ワクチン接種には賛成しかねます。
 
出来ることなら、大半の人が接種して
(打ちたくない人がいても全然イイ)

「そういや、あの病気どうなった?」
と言われるぐらい終息するよう願います。
 
結果的に集団免疫が確保されることと、
ここ一年、流行が全く確認されず、
ウワサ通りに季節性インフルエンザが
消滅したのなら、有難いことですがね。

不自由な「在宅」を要請される日常から

解放されることは文句なしに大賛成です。

お取引先様が来社されました。(年別: 2021年)

更新日:2021/06/08

本日、大切なお取引先様が弊社へお越しくださいました。

新入社員研修を兼ねて、実際にメーカーへの工場見学。

とのことで、今回は弊社を選んでいただきました。

どの工程も時間をかけて熱心にご見学され、質問の嵐🌀

私どもの仕事に興味を持っていただき大変嬉しく思います。

梅雨時ながら30℃近い気温下でのご来社、有難うございました。

今後とも東和工業のナットをよろしくお願いいたします。

梅雨のお楽しみ。(年別: 2021年)

更新日:2021/06/05

梅雨とともにアジサイが見ごろを迎えています。
当社でも3年前に植えたカシワバアジサイが
なかなかイイ感じになってきました。
 

 
漢字で書くと、「柏葉紫陽花」。文字通り、
葉っぱが柏のそれに似ていることが由来です。
 
 
 
よく目にする紫陽花に比べて派手さはないものの、
釣鐘状のカタチがユニークでなかなか可愛らしい。
梅雨時に振るやさしい雨を受けながら、ひっそり佇む
紫陽花を愛でる…。贅沢な時間かも知れませんね。
 
 
 
-追記-
 
そして、いよいよアガパンサスも!
 
 
 
雑草と間違われて切られることもなく、
今年は見事な花をつけてくれました。
 
この花が散る頃には、もう夏…ですね。

ISOの定期審査を行いました。(年別: 2021年)

更新日:2021/05/18

今年の大阪は例年になく早い梅雨入りとなりましたが、
本日、ISO9001の定期審査(維持審査)を実施しました。
 

 
今回も昨年いらしたご縁の深い審査員様をお迎えし、
「またマスク着用で対面することになるとは…」と
互いに長期間のコロナ禍を嘆きつつも、予定通り
リモートではないリアルな審査が行えたことを歓迎。
 
雨模様にも関わらず2度にわたって現場を視察されて、
熱心に当社の業務改善のヒントを見つけて下さるなど、
審査員の先生には、今日1日大変お世話になりました。
 

 
ご指摘頂いた「疑問を持つこと」を当たり前のものとし、
社員一同より良い会社にするべく業務改善に努めます。

がらんがらん。(年別: 2021年)

更新日:2021/05/11

今の大阪は緊急事態宣言の真っ只中です。
しかも、予想通りその期間が延長されました。
新緑が眩しい快適な時季に勿体ないことです。
 
新型コロナの「感染者」が増えている!という
悪意ある報道で国民を脅かすのは、もうやめて!
 
しかも英国型とかインド型の変異株が…って、
 
 

 
元は中国・武漢から広まったことをシレっと
スライドしているようでホンマ胸クソ悪い。
(ちなみに直近の実効再生産数はちょうど1.0)
 
コロナ禍でも給料が全く減らない公務員に
日銭を稼ぐ苦労が分かるとは到底思えません。
税金でメシ食ってる連中にも緊急宣言下では
収入が減るルールをつくったら躊躇するかな?
 
今回の宣言で経済損失は約1.76兆円。
失業者は約7万人増加するとの試算も。
 
病気に罹らなくても経済苦で死んでしまう。
そのことを本気で意識せねばならんですよ。
 
接触の機会を避けてもっとオカネを使おう!
そう説明してくれた方が国民は理解できます。
また、その通りに行動できるのが日本人です。
そういや先日も、こんなことがありました。
 
「天気もいいし、ちょっと出かけるか。
 空いてる場所なら問題ないだろうし…」
ってことでカミさんと奈良までドライブ。
 
1時間程で到着したのは世界遺産・唐招提寺。
 

 
実は前々から行きたいと思ってたのです。
だって、中国人客に大人気のお寺だから。
 
中国にはこういう言い方があるのだそう。
「漢王朝や唐王朝のものは日本に残り、
 宋や明のものは韓国に、中華民国時代の
 ものは台湾にある。(そして)清朝のものが
 中国大陸にはある(というオチ)」
つまり、今の中国には大したものは何もない
という知識人による自虐的表現なのだとか。
 
唐招提寺は759年創建ながら、とても美しい。
平成の大修理で金堂が蘇っているとはいえ
それだけだろうか。手入れされた境内には
ゴミひとつなく、前日に降った雨が新緑を
キラキラと輝かせ生命力に満ち溢れている。
参拝客もまばらにしか見えない程ガラガラ。
(コロナ禍でがらがら紐を取ってるせいか)
伽藍全体が静寂に包まれる不思議な安堵感。
 
 

 
鑑真和上坐像への拝謁は叶わなかったけど
沢山の国宝にも対面して目と心にも充電!
「あー、来てよかった」と大満足でした。
 
けれど、ふと疑問に思ったのです。
みんな一体、どこに行ってるんだろ?
ステイホームもずっとは続かんだろうし。
 
そんなことを考えながら人間ドックの
半日コースを受診してきました。
 
クリニックも空いてたせいか、予想よりも
早く終わり、ちょっと早目のランチでもと
ミ〇ミを徘徊。なのに、どこもやってない!
がらんとした街中では飲食店も苦渋の決断か…
と思いつつ道〇堀の角を曲がる直前から
耳に入る賑やかな声。何喋ってんだ一体!?

だって日本語じゃないし。近づいてみると
10人ぐらいの中国系らしき連中が。しかも
何故かタラちゃんみたく皆同じ髪型をして
マスクもせずに騒いでる。なんだコイツら。
 

 
あまり報じられていないことですが、
現在でも空港は結構開いています。

しかも毎月数万人単位で外人が入国中。
人々の往来は多少制限されるとはいえ、
日本で他国ほどの強制力はありません。
 
渡航理由を偽った外人が日本にやってくる。
空港検疫で引っ掛かり「感染者」となる。
重症者には政府が無料で手当てを行う。
無症状であっても14日間の自主隔離になる。
(滞在場所の確保も含め自費ですが…
 

 
 穴の開いたバケツで水を受けるかのように)

強制力がないので誓約不履行は続発する。
そんな外人が市中で感染を広める(のかな)?
 
杞憂では済まない気がして仕方ありません。
それが証拠に、デカい空港に近い都市では
「感染者」が多くカウントされ続けてます。
反面、日本人が集まる場所はガランガラン。
でも、ア〇リカ村などは外人でいっぱい。
なんだかなーと陰鬱な気分になります。
 
東京五輪まであと約2か月半となりました。
2021年7月23日は、くしくも中国共産党の
結党100周年とピッタリ一致する日です。
「東京オリンピックを中止しよう!」
という声が益々大きくなりそうな予感。。。
 

 
そう騒ぐ輩は中共の工作員かシンパだと
考えて、ほぼほぼ間違いないでしょう。
暇と元気を持て余す若者らを渡航させて、
繁華街で騒いでもらう。前述の集団も
僅かの金銭で釣られたのやも知れませんし。
 
日本人が自粛する中、外人がバカ騒ぎ。
その結果、まん防から緊急事態宣言へって、
ホントどうかしてますよ。いやマジで。
 
聖火リレーが始まった東京五輪は
何があっても開催されるが望ましい。
それは当然観客ではなく選手のために。
 

 
けれど、次に控える北京冬季五輪へは
何があっても参加するべきではない。
それは選手のためではなく正義のために。
 
いくら世界中のコロナ死者数が増えても、
いくらワクチンの副反応が叫ばれようとも、
いくらIOCが開催辞退を求めたとしても、
いくら欧米各国が参加をボイコットしても、
いくら放映権の市場価値が地に落ちても、
いくら雪に恵まれずコース状態が最悪でも、
いくら中国が平和を重んじないとバレても、
きっと中国共産党は国と党の威信にかけて
冬季五輪を強硬するに違いありません。
そして、大成功だった!と喧伝します。
 

 
鑑真和上の昔ならともかく、一党独裁で
支那の地を牛耳っているのはそんな連中。

しかも世界最恐(+最凶かつ最狂?)の反社です。
故に、中国共産党の思惑通りにはさせぬよう、
世界中が一致結束して対応せねばなりません。

 
北京五輪は開催してもガランガラン。
選手も観客も自国のみ。競技のメダルも
総取り…って、万々歳じゃーないですか。
 
選手には気の毒なので代替大会をお膳立て。
残る時間は少ないですが長野や札幌でなら
やれる気がします。そう思うと腕が鳴りますね。
 

伽藍伽藍、いやもとい。がらんがらんと。

年1回の散髪?(年別: 2021年)

更新日:2021/05/10

毎年5月は業者さんにお願いして植木の剪定をやってもらってます。
今年も3日かけてキレイサッパリの姿となりました。
 

 
そして所どころ空いているスペースにヤマボウシ、コバナズイナ、
コンフューサ、ナンテン等が仲間入りしました。
 

 
四季折々どんな花が咲くのか今から楽しみです。

躑躅。(年別: 2021年)

更新日:2021/04/26

これでツツジ。書くはおろか、読むことすらできません。

躑は立ち止まる。躅は足踏みする。双方似たような意味ですね。

由来は、それほど注目を集める花だということからでしょうか。

 

映山紅(えいさんこう)というサツキツツジを表す別名の方がイメージしやすいかもですが、

今年も大きな花を咲かせてくれました。天気がいいと非常に絵になります。

いわゆるヒラドツツジは見慣れた花ですけど、今年の咲き方はとてもゴージャス。

例年に比べて花の数もひときわ多いように感じます。

中には、白一色の中に花びら半分だけピンクというのもあって

「これも変異種か?」と思わせる不思議。緊急事態宣言下でも

健気に咲き誇る草木から勇気づけられ、今週も頑張れそうです。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.