東和工業株式会社

ブログ

暑い。(年別: 2020年)

更新日:2020/08/05

8月に入りました。

梅雨も明け、

どんどんどんどん暑くなってきました。

今日大阪はなんと

(さらに…)

日本呆騒協会?(年別: 2020年)

更新日:2020/08/05

長年テレビチャンネルの特等席に君臨して
「公共放送」を自称している、渋谷の某放送局。

 
最近多様されているフレーズを挙げると、

「~を強いられている」、
「~せざるを得ない」、
「~を余儀なくされる」、
「~が相次いでいる」、
「物議を醸している」、
「波紋が広がっている」などなど。

醸して広げているのはお前らだろがっ!
と言いたくなりますが、とにかく騒がしい。
そして、アナウンサー原稿を用意する
ライターの貧しい語彙に呆れてしまいます。

   
どうでもいいことで騒ぎ立て、不安を煽る。
その結果、日本を貶める方へもっていく。
 
意図的にダメであることを喧伝する有り様は
〇〇呆騒協会、あるいは〇〇崩装協会と
名称を変更した方がいいのかも知れません。

 
受信料の強制徴収は不当だと考えた女性が、その局の
電波だけ受信できないように改造したテレビを購入。
そして、受信契約を締結する義務はないことの確認を
求めた訴えを東京地裁に起こしていました。
 
結果は勝訴。

司法は「放送を受信できる設備とは言えない」と判断。
復元するのも困難であるため、「受信契約締結義務を
負うと認めることはできない」とのことでした。 

一般人の感覚では当然の判決だと思われます。
しかし、局側はそう考えませんでした。控訴です。
 
言い分は、フィルターや電波の増幅器を使えば、
原告のテレビも「受信できる状態に復元できる」
というものです。「増幅器の出費をしなければ
受信できないのは受信できる設備とはいえない」
と考えないところに反社会的体質を感じます。

 

もはや、受信料という呼び方は不適切なのかも?
実態はみかじめ料のような性格に近く、当事者も
そのように考えている気がしてなりません。
特に、現M会長(旧F銀行出身)には注意が必要です。 
 
職員(≠役員)の平均年収は約1600万円、
日本全国の一等地に放送局を構え、
純資産が8千億円もある超優良組織。

 
法律によって、国民に受診料支払いの
義務が課され、払う人と払わない人の
矛盾を払拭もできず、国民に良質な情報を
提供するという役割を与えられながらも、
やってることは視聴者への印象操作。
いわゆる反日プロパガンダばかりです。


なぜ、そんなことが出来てしまうのか?
 
実は、この放送局の職員採用規定には
国籍条項がないから。つまり日本国籍を
持たない外国人でも入局することができる。
 
でもって番組制作に携わることも可能。
…って、嘘みたいな本当の話なんです。
 
しかもそれが為に某国が人を送り込んでる。
渋谷にそびえる建物には某国の中央電視台が
同居していることなど公然の事実なのです。

私に言わせれば、半分、青い。?
どころか、随分、赤い。…そんな印象。
 
昨今気になる切り口は、「弱者」へのフォーカス。
優良顧客かつ岩盤支持層である高齢者はもとより、
不登校やLGBT、ニートに生活保護受給者、
発達障害などなど。うっすらと在日外国人への
「揶揄」も見え隠れする伝え方が何とも気持ち悪い。
 
また、県外から沖縄入りする「プロ市民」や
北海道の自称「アイヌの末裔」を地元住民と扱い、
民族差別や人種差別の要素を織り交ぜた味付けの
報道を目にする機会も増えました。嗚呼、眩暈が…。
 
一説では誤った情報も150回聞けば人は信じるんだとか。
 

これって、サブリミナル効果ねらい?
 
昔流行ったドラマ「101回目のプロポーズ」よりは
若干ハードルが高いものの、近隣の某国が
「ウソも1万回つけばホントになる」と我々を
油断させながら進める活動の実態はかなり現実的です。

働く日本人には受診料納付の義務を課しながら、
局が「弱者」認定する人々へは過剰に取り扱う。
海外でも番組が見られるのは結構なことですが、
在外邦人(日本語が分かる外国人を含む)に対して
受診料納付を求めないのは国内で居住する者に
とっては極めて奇妙に映ります。不公平です。

しかも最近は、こんなものまで出回り始めました。

何だコレ?
 
次回へ、つづく。

BBQにスペシャルゲスト!?(年別: 2020年)

更新日:2020/07/21

夏季集会の後のBBQ。

今年は残念ながらあいにくの雨でしたが、

皆で楽しくBBQをすることが出来ました。

そして、今回はスペシャルゲストのMr.オクチさんに

お越し頂きました!

ユーモアあふれる楽しいショーをして頂き、

社員一同大盛り上がりでした。

Mr.オクチさん本当にありがとうございました!

2020年夏季集会(年別: 2020年)

更新日:2020/07/21

先日、夏季集会を行いました。

就業時間が終わってから、本社工場2階の食堂に集合します。

この後、夏季賞与を受け取ってから、

場所を移して恒例のBBQに入ります。

BBQの光景は、この次のブログをお楽しみに…♪

侮るなかれ。(年別: 2020年)

更新日:2020/07/15

先日、家族で近場の温泉へ出かけてきました。
といっても、お昼前に出発・到着して入浴し、
揃って昼食を食べるだけの日帰り温泉です。
 
ですが、大浴場に露天風呂あり、サウナあり、
本格マッサージあり。コロナ禍でなければ、
岩盤浴まで楽しめるという充実ぶりです。

食事も美味しく、近場なのに小旅行の気分。
しかも休憩室には読み放題の漫画がわんさか!
好きな人なら丸一日でも退屈せずに済みます。
 
なるほど、こういう施設って案外使えるな。
遅まきながら、考えを改めた次第です。
 
にしても…、漫画って凄い文化だな。
 
今や日本のポップカルチャーを代表する存在、
MANGA愛好者は世界中に広がっています。
作画クオリティの秀逸性もさることながら、
描かれている世界観が読者を虜にするのかも。。。
 
最近話題の作品は売り切れ続出のコチラ。

私は、まだ読んだことありません。
非常に面白いらしいので、わざと遠ざけてます。
 
逆にずっと読み続けているのはコチラ。

高い高い塀に囲まれた街を巨人が襲ってくる。
 
話の初期設定からしてブッ飛んでますが、
物語が進むにつれて次第に明らかとなる事実。
ちりばめられた伏線も多く、作風の巧みさにも
舌を巻きますが、関係が次々と解き明かされ
いい意味で読者の期待を裏切り続けている…。
そんな先の読めない展開がこの作品の魅力です。
 
アニメ、映画、ゲームというポップカルチャーは
一般的には大衆向け文化全般を指すらしいですが、
「訴求力が高く、等身大の現代日本を伝えるもの」
という意味で使われたりもします。その究極形?が…。

かわぐちかいじ作の「空母いぶき」。
ハンパないリアルさで、大人の愛読者が多いのも納得。
 
物語は、日本の離島が国境を接するパンダの国に突如
占拠されたところから始まります。奪還に動く自衛隊。

(しかも、自衛官の中でもかなり話題の作品らしいです)
 
先日第13巻が発売され、物語は完結しました。残念!
ですが、まだ続きがあったのです。第13巻と同日、
新しい物語の第1巻が発売されました。大変面白ス。
 
次の舞台は北極海。相手はマトリョーシカの国。
日本って本当にタチの悪い連中に囲まれていますねー。
 
角度をつけることが当たり前となった偏向報道からは
知り得ることのできない現実を、フィクションという
形式をもって具体性たっぷりに突きつけられる不思議。
 
さすが漫画はポップカルチャーの雄。侮れませんな。

チームワークは完璧(年別: 2020年)

更新日:2020/06/26

我社には福利厚生の一環で、社員同士での食事会の開催があります。

実はコレ「昼食代実質ゼロ円化」に基づくもので、社員のお昼代を

会社が半額補助している分まで、「食事会」という形で補填しようと

いう東和工業ならではのユニークな制度なのです。会の実施は複数人の

社員同士であればだれでも、もちろん部門の垣根を越えることも大歓迎。

今回は現場と事務所の9名で堺の名店「う玄武」さんの

うなぎを頂きました。すごく湯飲みもカワ(・∀・)イイ!!

おいしかったです(๑´ڡ`๑) 

充実した楽しい食事でチームワークも一層強化!

コロナ禍にあっても、暑さに負けず頑張れそうです。

社員募集継続中!!(年別: 2020年)

更新日:2020/06/26

先週でアイデム掲載が終了しました。

たくさんの応募ありがとうございました。

しかしながら・・・・

まだまだハローワークでは募集継続中です。

「社会情勢の変化に影響を受けにくい会社です!」ご応募お待ちしております。

パンダ〇〇とドラゴン〇〇。(年別: 2020年)

更新日:2020/06/02

「ドラゴンキラーをなげすてた」。
 
若い頃によく遊んだゲームといえばドラゴンクエスト。
その中で竜族にめっぽう強い武器がありました。

元の名称はドラゴンスレイヤーというそうですが、
文字数の制限からドラゴンキラーと名付けられ、
何かの報酬で手に入れたまでは良かったものの、
どういう訳か操作を誤り、冒頭のメッセージが
流れたのでした(泣)。あれから三十余年。。。
 
先月末、新型感染症に対する政府の発令から
およそ1か月半を経てようやく日本における
全都道府県で緊急事態宣言が解除されました。
本当に、長かった。。。

 
人の往来や店舗営業の「自粛」によって一体
どれほど日本経済が傷ついたことでしょう。
また、このシーズンは一旦収まったとはいえ
半年後に次の波がやってくるのはほぼ確実。
好むと好まざるとに関わらず、ウイルスとの
共存は避けて通ることはできないようです。
  
けれど、このウイルスも発症から半年ほどが
経過して次第にその正体が分かってきました。
 
・SARSとエイズの特徴をもった人工物の可能性があること。
・武漢病毒研究所の人物が関わり、それが世に出たこと。
・おそらく実験動物を海鮮市場に横流ししたこと。
・某国内で留め置かず意図的にそれを拡散させたこと。
・いわゆる「完成品」ではなく「失敗作」であること。
・すなわち「完成品」が存在する可能性もあること。
・そして某国はこの混乱に乗じて覇権を拡大していること。
 
もうウンザリです。連中は「反社」の極みです。
金輪際、そんな国とは付き合うことなどできません。
国連の常任理事国であり、WHOの強力なサポーター。

日本人は国際機関をクリーンな組織と思ってますが、
公職選挙法の存在しない無法地帯は賄賂の巣窟。
そう考えて、十中八九間違いないでしょう。
 
拠出金を払うのにしても、無条件とは情けない。
責任問題に踏み込めず、終始なめられっぱなし。
日本なんかチョロい。何回でも騙せる…
そう思われているような気がしてなりません。
 
しかも「自分たちは封じ込めに成功している。
我々には困っている国を助ける用意がある。
マスクと防護服、検査キットに人工呼吸器、
それに治療薬やワクチンなどでの支援も
可能となるだろう」…って一体どの口が言う?

火事場泥棒という言葉がありますけど、
放火犯と泥棒と消防と防災グッズ販売、
これらを全部、あの国一国でやってるってこと。
 
誰の目にも、完全にアウトでしょう。
 

しかも先週、全人代で香港国家安全法を通しました。
まさに香港が、Hong Kong でなくなった瞬間です。


イギリスは猛烈に抗議する必要があると考えます。
そして、香港人を救済しなくてはなりません。
日本では与野党の些末なやり取りに明け暮れていますが、
普段から個人の権利を声高に叫ぶ野党の主張が本当なら、
今こそ、国会で決議のひとつでもするべきでしょう。

  
パンダハガーとはパンダに抱きつく輩のことです。
マスコミ、政治家、学者、経済人、市民団体など
国内でも様々なところに潜んでいるのでしょうが、
いくらビジネス上の付き合いが深いとはいえ、
「反社」とは縁を切らなくてはいけません。

儲かりさえすれば何をしたって許される?
チャンチャラ可笑しいです。K団連聞いてるか!
 
初動のマズさで世界中が大迷惑した騒動の責めは、
受けてもらわねば!すなわち、竜討伐に挑むのが
我々のとるべき道。もはや軸足など載っけてられません。
それはこの世の行く末をも左右する大きな決断なのです。

我々は、自由、人権、公正、民主主義を重んじる
西側陣営の一員として、天安門事件直後のような
「救済」という過ちを繰り返したくはありません。
 
世界中の嫌われ者となった今、おそらく何でもアリ。
イラン、ロシア、北朝鮮、ひょっとすると韓国も?
そのあたりとの連携を強化してくることでしょう。
加えて、アフリカ大陸はすでに丸呑みされています。

債務の罠に嵌められて、不本意ながら身動きが
取れない国もあることでしょう。一帯一路という
幻想や健康シルクロードというまやかしに騙されて、
某国の軍門に下ることだって十分に予想されます。

イタリアやスペインですら、実は危ない。
 
では、その状況で我々はどうするべきなのか?
 
日本はアメリカ、イギリス、インド、トルコ、台湾、
モンゴル、オーストラリアなどと協力関係を結び
包囲網を敷いて迎え討つ。そして封じ込めるべきです。

 
勿論、無用な戦争をしないために…。
 
余談ですが、古代オリンピックは元々
「休戦」が目的で始められたそうですし。。。
 
延期された東京2020が閉幕したら次は冬の大会。
それも、ほんの数か月で開幕日はやってくるんです。
北京2022冬季五輪ですよ。知ってました?
 
決まっていることとはいえ、納得できますか?
IOCにはペナルティーとして剥奪を求めたい!
次点だったアルマトイ(カザフスタン)でもいいし
無理なら札幌でもいいんじゃないかと思います。
 
本当に、重大決断をする役目の「偉い人」を
選ぶときは、よくよく考えねばなりません。
パンダハガーよりもドラゴンスレイヤー。
コロナ禍とも称される武漢(人工?)ウイルスの
発症前と後で大きく変わった選択の基準です。

ISOの定期審査を行いました。(年別: 2020年)

更新日:2020/05/19

本日、ISO9001の定期審査(維持審査)がありました。今回は2部門が審査対象。

一時はリモート審査の可能性も検討しましたが、例年通りお迎えできて良かったです。

審査員の先生には、今日1日お世話になりありがとうございました。

ご指摘頂いた改善に取り組み、社員一同より良い会社になるよう努力します。

毎年の恒例(年別: 2020年)

更新日:2020/05/11

建物周りの植木を業者さんにお願いして“きれいさっぱり”と刈り込んでもらいました。

明るくなって、風通しもよくなり、あとはコロナウイルスの終息を願うばかりです。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.