東和工業株式会社

ブログ

旗日。(年別: 2019年)

更新日:2019/12/23

今日、私は出社してこの文章を打っていますが、
12月23日は昨年まで天皇誕生日という祝日。
つまり会社はお休みだったのです。

 

私は先月50歳になりましたが、以前は普通に
「今月は旗日がないからキツいよなー」と
同僚と話してました。けれど最近は言いませんね。

旗日(はたび)とは、今でいう国民の祝日です。

実は「国民の祝日に関する法律」というのがあって
全3条からなり、1948年に公布・施行されました。

ちなみに、第一条には次のように書かれています。

「国民の祝日」(祝日)とは、「自由と平和を
求めてやまない日本国民が、美しい風習を育てつつ、
よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、
国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日である。」
と定義されている。

まさに、日本国の旗「日の丸」を掲げるに相応しい!

国民の祝日を旗日と称するのも十分に分かります。
けれど、旗日という表現は殆ど使われません。
また実際に日の丸を目にすることもなくなりました。
ちょっと寂しいですね。自分の国の旗なのに。。。

   

五輪やW杯などのスポーツイベントであれば、
大きな日章旗や旭日旗を見ることもありますが
それも大会期間中に限ったこと。日常ではないのです。

ましてや国民の祝日なのだから、国だとか旗だとか
「そんなのカンケーねー!」というぐらいの勢い。

    

ですが私はこう思うのです。我々は被害者なのだと。

日教組を中心とした日の丸・君が代反対活動で
日本国に対しての誇りを奪われてしまいました。
テレビや新聞といったマスコミもそれに加担し、
国民第一、国はどうなっても構わないんだ的な
考えを喧伝しました。

もし国がなくなったら…そこの人々はナニ人ですか?

国民の祝日という表現に罪はないと信じたいけど、
どこかで国民が第一であって、国をないがしろに
してしまおうとする邪さが見え隠れしてなりません。

なので、私はあえて旗日と呼びたい。
そして、日本国の旗・日の丸を掲揚したい。

特に今日は、昨年までは旗日でしたし、
上皇陛下のお誕生日をお祝いすることは
日本国民にとって至極当然なことでしょう。

ほんの一昔前まで、かようなことはタブーでした。
新聞やテレビという主要メディアの報じることを
「正しい」と長年信じてきたのです。

しかし今は違います。ネットで正しい情報に触れ、
かねてよりマスコミの報道に疑問を感じてきた
という人々が実は大勢いることも分かりました。

かくいう私も近年、ネットから真実に触れ、
令和改元とともに日の丸を買い求めた口です。

有難いことに上皇陛下は今なお御健在です。
そのお誕生日を祝日とすることの難しさは
多少あるのかも知れませんが、法律を通せば
いいだけのことです。クリスマスの時期に
祝日があると色々と便利なのですよ…実際。

そのひとつが年賀状。デジタル化が進んで
不要論も拡大しているらしいのですが、
やはり正月に届く賀状は特別なものです。
気持ちよく書き上げて、友人・知人からの
年賀状が旗日の元日に届くことを願います。

もちろん、国旗・日の丸の掲揚とともに。

毎年恒例の忘年会。(年別: 2019年)

更新日:2019/12/20

今年も忘年会のシーズンがやってきました。

今年は三国ヶ丘の「はや/魚太郎」で行いました。

何と!参加率100%!!部門間の垣根を越えての交流の場、とても楽しい時間を過ごせました。

そしてこの場をお世話して下さった幹事の皆さん、お疲れ様でした。

太径用ホーマーいよいよ稼働です!(年別: 2019年)

更新日:2019/12/20

オーバーホールに出していたホーマーが戻ってきました!

こんなに大きな機械が見事に元の位置に収まりました。

修理会社の皆様、重量運搬屋の皆様ありがとうございました。

これからも大切に使っていきたいと思います。

オーバーホール中に一部の商品に在庫切れが発生してしまい、

お客さまにはご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。

本格稼働に向けて動いておりますのでもう少しお待ちください!

看板をリニューアル!(年別: 2019年)

更新日:2019/12/09

このたび、本社工場に新しい看板を設置しました。

元々は外壁面に直接社名が書かれていたのですが、

経年劣化でかなり見窄らしい状態になってました。

それが、

高所なので足場を組んで作業をしてもらったところ…

何ということでしょう。

見違えるほど、クッキリ目立つようになりました。

キレイになるのは気持ちのいいものですね。

晩秋におもう。(年別: 2019年)

更新日:2019/11/29

今週で11月も終わりです。

5月末決算の当社にとっては期首からちょうど半年となります。

一部では忘年会も始まってますが、それでもまだ年末年始の

慌ただしさよりは比較的ゆっくりしてるこの時期。

今年も台風が多かったからでしょうか。秋の夜長を愉しむほどの

余裕はなくとも、暑いか寒いか両極端で中間がなくなったと言われる中、

今年はまだ秋を意識する期間が長かったようにも感じます。

5月に元号が改まり、即位礼正殿の儀、祝賀御列の儀、

そして大嘗祭とこの秋は皇室行事が目白押しでした。

今も天皇皇后両陛下が各地の陵墓をお訪ねになり、

御即位にともなう重要祭祀終了のご報告に参拝をされています。

移動距離と拘束時間、そして特別な装束に、変化する気温への対応など

様々なご不便を乗り越えたうえで国と国民のために祈りを捧げる。

本当に頭が下がります。

巷では消費増税から2ヶ月が経過しました。

消費税が10%になったせいかパーキング料金の不思議な設定変更を目にします。

誰も気に留めないことから、便乗値上げも「市民権」を得たかのような印象。

思ったほどの反動減はないというのが一般的な評価ですが、

一時しのぎのポイント還元を講じたり、これまでのような駆け込み需要が

なかったからそうみえるのであって、景気が落ちていくのはむしろこれから。

来年は2020東京大会も控えてますし、特別な祭典にお金を使える人は消費します。

問題が本格化するのはむしろその後と考える方が自然でしょう。

香港では民主化を求める勢力が区議会選挙で議席を大きく伸ばしました。

一国二制度という難しい舵取りをどのように実現するのか、世界の注目を

集める中国ですが、このまま民主化へ突き進むとはとても思えません。

きっと封じ込めに動き出すはずです。アメリカでは香港人権法が成立しましたが、

日本ではいまだに「桜を見る会」の話。

国会議員が歳費を受け取りながら国会審議には応じず、役人の時間を奪って、

シュレッダーでまっさらな大量の紙をパーにする。

そして新聞もテレビもそれを嬉々として報じる。

香港の次は台湾、その次は沖縄と北海道。

それほど中国は領土的野心を抱いているのに、恐ろしい現実に

気づかない野党議員の無能さには辟易します。

それでも我々の日本は良い国です。反日勢力が跋扈して足を引っ張る工作を

日常的に仕掛けられていますけど、ネットの普及で真実に気づく人もかなり

増えてきました。

地震と台風の銀座みたいな場所にあり、災害で大きくダメージを受けることも

しばしばですが、今なお日本は前進し続けています。

それゆえ、防災に通じる国土強靭化は確実に進めていかなければいけません。

我々のものづくりが僅かでもその一助となれるよう、

任された務めを果たしたいとの思いを新たにする晩秋です。

工場見学にお越し下さいました。(年別: 2019年)

更新日:2019/11/29

先日、お取引先様とその先のユーザー様が来社されました。

研修室で一通りの作業工程をプロジェクターで説明後、実際の現場を見学されました。

寒い中遠方からお越し頂きありがとうございました!

太径用ホーマーの状況報告。(年別: 2019年)

更新日:2019/11/08

先日、修理会社へ出向いて撮影してきました。

現在、オーバーホールに出している

当社で一番大きなホーマーです。

NP460という大変古い機械ですが、

4段で6分サイズまで加工できる働き者。

当社ではW3/4からM24までを受け持ちます。

聞けば、この仕様は世界に一台だけなのだとか!

来月中には当社に戻りますので、切らしている在庫も

大急ぎで生産・補充に努める予定です。

お客さまには大変ご迷惑をお掛けしていますが、

もうしばらくお待ち頂ければと思います。

恒例 お伊勢まいり(年別: 2019年)

更新日:2019/11/08

11月4日に役員・役職者による伊勢神宮へ参拝に行ってきました。

多少の風はあったものの、快晴に恵まれとても気持ちのいい日となりました。

外宮での御神楽奉納と、外宮・内宮での御垣内参拝で

国家の平和と、事業繁栄をお願いしてきました。

昼食はおかげ横丁にある“豚捨”さんで

伊勢牛のすき焼きとあみ焼きをいただきました。

今年もあと2ヶ月たらず!!

体調管理と怪我には気を付けて、楽しいお正月を迎えたいものです。

 

祝賀会にお招きいただきました。(年別: 2019年)

更新日:2019/10/28

お取引している大切なお客様が旭日双光章を授与され、

その祝賀会にお招きいただきました。

引き出物までいただき有り難いです。

受賞おめでとうございます。

弊社のノベルティグッズ(年別: 2019年)

更新日:2019/10/28

『百舌鳥・古市古墳群』が世界遺産登録を記念して、弊社オリジナルのメモ帳を作成しました。

特に遠方のお客様には、古墳と共に「東和のナット」のPRに活躍しそうです。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.