東和工業株式会社

ブログ

脱〇〇のすゝめ。(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2022/04/12

4月に入り、色々なモノが値上がりしています。
食用油、麺類、乳製品、ケチャップ、カレーなど
特定の食材に限った値上げでも、嫌なものは嫌。
とはいえ、別の選択肢という逃げ道があります。
 
 
 
けれど、本当に迷惑なのはエネルギーの高騰。
ガソリン代などはこの2年ほど上がりっぱなし。
本来なら、2010年に導入されたトリガー条項、
(2008年8月は最高値182円を記録しています)
 
 
 
こいつを発動すれば、25.1円安くなるのに…
様々なしがらみのせいか政治決断できません。
 
また、ウクライナを一方的に侵略している
ロシアの懸念もあります。戦争犯罪の実態が
明らかになるほど、ロシアへの制裁が強化。
資源大国でもあるロシアからの化石燃料に
依存する国は多いハズなのに取引停止という
諸刃の剣を抜きました。表向きだけは…。
 
 
 
ちなみに日本が昨年輸入した化石燃料のうち
ロシアの割合は原油3.6%、LNG8.8%、石炭11%。
数字的には決して少なくはない量ですが、
欧州のそれとはとても比較になりません。
どの国も哀しいほどロシアに依存しており、
「経済制裁を科す」と言いながらも実際は
自分たちも浴びる返り血。やれんのか!?
 
 
 
樺太にあるサハリン2の権益は重要なので、
日本がそれを手放さない選択肢はアリです。
大昔に手に入れた格安で調達できる特権は
手放した途端にロシアの利益となります。
また、撤退した国が出ればきっと、C国が
進出してくるでしょう。これまで以上の
高値でC国が売りまくり、これまで以上の
資金がロシアを潤わせる。全くダメですね。
 
もうこうなれば、奥の手しかありません。
それが、脱炭素!…って信じられますか?
 
 
 
結論から言いますと、脱炭素は欺瞞です。
つまりは、まやかしとウソ。環境問題は
耳障りの良いフレーズで人々をだまし、
一部の「専門家」に資金が流れるスキーム。
残念なことに昔から決まっているのです。
 
ゼロカーボンとかカーボンオフセット、
カーボンニュートラルにカーボンフリー。
カーボンが炭素だってことは分かっても、
それぞれの言葉が意味するところって、
一般人が正確に説明できるでしょうか。
私も分からないので調べてみました。
 
ゼロカーボン:(再生可能エネルギーの利用など)企業や家庭から排出されるCO2などを削減し、削減しきれない排出量を森林の吸収分と相殺して、実質的に排出量をゼロする。
 
 
 
カーボンオフセット:日常生活や経済活動を営むうえでどうしても排出してしまう温室効果ガスの量を、別の場所で削減・吸収して埋め合わせをしようとする考え方のこと。植樹や森林の管理、再エネや省エネ機器の推進をCO2削減分として相殺する。
 
カーボンニュートラル:いわゆる炭素中立でCO2の排出量と吸収量に注目し、全体として(実質的)プラスマイナスゼロの状態にする。
 
 
 
カーボンフリー:排出量を単にオフセットするのではなく、事業に必要なエネルギー供給からCO2を「完全に」排除する。
 
なんだか余計に分からんくなってきた。
 
結局、ゼロと言いながらも実のところ
排出の辻褄合わせに過ぎず、その反面、
フリーは「自由に排出するぞ」ではなく、
こっちこそが完全排除の意味である。
つまり、それ以外は言葉のまやかし。
そのため、カタカナ用語で表現するも
言葉の解説が不正確なため伝わらない。
オフセットとニュートラルを間違えて
表記するケースも散見される有り様。
 
実はCO2を吸収すると言われる森林も
夜間はCO2を排出する側にまわります。
すなわちプラマイゼロ。その時点で、
この辻褄合わせが欺瞞だと分かります。
 
 
 
何故そこまでして脱炭素に熱心なのか?
研究開発に参画すると儲かるからです。
クリーンさを巧みに装うことで企業の
イメージアップが期待できるからです。
技術では日本に太刀打ちできない国が
ゲームチェンジで市場を開くためです。
そして、市場開拓を目指す連中から
膨大な資金が供給されているからです。
 
話を戻します。
 
オイルショックで人々は大騒ぎしました。
あと30年で石油が無くなると言われながら、
50年たった今、誰も石油が無くなるとは
考えていません。ただ、別の理由づけで
恐怖心を植え付けられ続けているのです。
 
レジ袋も同じこと。捨てられたレジ袋が
海を汚すでしょうか。主原料は原油です。
直射日光にさらされてシャリシャリに
なったレジ袋の行く末を知ってる人も
多いことでしょう。海の上でも同じです。
そもそも、人はレジ袋を海に捨てません。
 
 
 
多くの家庭ではゴミの入れ物に使います。
そして、ゴミとして扱い焼却されます。
しかも元々が原油なのでよく燃えます。
つまり燃焼の助けになるということです。
まったくコレの何が問題なのでしょう?
 
 
 
買い物の都度「レジ袋は必要ですか?」
って、2020年7月1日から累計で一体何度
訊かれたことか。その間およそ21.5ヶ月。
買い物できる日本人が1億人いるとして、
月に10回買い物をしたら215億枚ですね。
1枚3円として645億円。たったそんだけ。
日本の人口1.26億人で割ると、512円。
エコバッグが1つ買えるかどうかって額。
もういいんじゃないかな。やめちゃって。
 
そんなことより大切なのはエネルギー。
余裕があるからレジ袋有料などという
ごっこ遊びが出来るのです。寒い冬に
電力が足りなかったらどうしますか?
 
実際、彼岸の頃に関東・東北でありました。
冬だと別の方法で暖を取り、貴重な電力は
ほかに回すことも出来たのですが、さて。
 
 
 
多分ですが同じことが夏にも起こります。
暑い夏に空調を切る選択が出来ますかねー?
しかも、エネルギー自体が十分ではない。
化石燃料が爆上げしたら電気代も値上げ?
けれど、そこまで急激には上げられない。
(実は値上げこそ一番節電効果があるのに)
良くも悪くもそれが日本という国なので、
寒い時よりも厳しいだろうと危惧します。
 
で、いよいよ考えるのです。ほかに方法は?
 
早い話、エネルギーをもっと効率よく使う。
これに尽きます。ムダな電気は作らない!
 
簡単に説明すると、発電所で化石燃料から
電気を生み出す時点で大量に発熱します。
けれど、その熱エネルギーは捨てられます。
 
 
 
だいたい3~4割に減った電気エネルギーを
我々は利用しています。電気を送るための
送電網の中でも実は数%失われていきます。
 
その電気でエアコンや自動車を動かす?
こんなことは大変非効率。例えるとしたら、
カセットコンロで蒸気をつくって発電して、
その電気でホットプレート使う…みたいな?
 
本当にバカらしい。如何にムダなことか。
しかも車の場合はバッテリーも必要です。
長距離走行のためには重いバッテリーが
それこそ大量に必要です。当然ながら、
走行にも大きく影響。誰が得するんだ?
 
 
 
携帯電話の充電やPC、家電、照明器具、
エアコンの制御などは電気の得意な分野。
それ以外は、化石燃料にやらせればいい。
冷暖房はいずれも電気より効率的です。
燃焼時には熱エネルギーが取り出せるし、
それを使ってお湯を供給することも可能。
給湯器自体が不要になるので実は相当エコ。
お湯が自由に使える暮らしはかなり贅沢。
それが無料で実現するなら是非やりたい!
 
ロシア1国が消滅したところで困らない。
それぐらいのエネルギーカットが可能です。
 
且つ、日本には虎の子の発電技術まである!
 
IGCC(石炭ガス化複合発電プラント)に
GTCC(ガスタービン・コンバインドサイクル)。
しかも両者を組み合わせることで更に効率化。
日本国内だけにとどまらず、世界の各国に
この技術が広まれば、未来はきっと明るい。
 
 
 
そう考えます。但し、ここで疑問がひとつ。
こんな素晴らしい技術が広まらない不思議。
エネルギーを最高レベルで電気に転換する。
それをアピールしないのは…何故だろう?
 
想像ですが答えは多分、原発の存在です。
 
「それほどイイものがあるなら原発不要」
って言われかねませんものね。ですが、
今回のロシアによるウクライナ侵略で
気がつきましたよ。リスクは分散すべき。
 
今までは、誤魔化し誤魔化しながらでも
何とか従来の方法を継続してこれました。
けれど、世界の情勢が一気に不安定化し、
これまで通りの物資が入ってこなくなる
リスクを真剣に考えるべきいい機会です。
小手先の改革では追い付かないぐらい、
世の中は劇的に変わりつつあります。
また、それらを実現するのは政治力である
とともに変革を具現化するのは技術力です。
 
双方備えるのが日本…と言いたいのですが、
少なくとも後者の技術力は有しています。
 
あとは世界を巻き込んでエネルギー問題を
解消していく。脱炭素というまやかしから
目を覚まして、脱電気へと大きく舵を切る。
 
これまで日本には数々の難局がありました。
歴史を学んだ人ならお分かりのはずです。
日本の有事には何故か「英傑」が現れます。
 
 
 
けれど、国民が有事であると認識せねば、
今のぼやぼやした政権が続いてしまいます。
財務省の言いなりで、トリガー条項ひとつ
突破することのできない現職総理では、
有事の日本をハンドリングできません。
 
有権者が現状を変える勇気と気概をもって
この国のありようを決めていきたい。

・国防費の増額
・諜報機関強化 
・緊急事態条項
・スパイ防止法
・自主憲法制定
 
やるべきことは盛り沢山。例えるなら
遊んでばかりの小学生がお盆を過ぎても、
全然宿題に手をつけておらず、誰からも
指摘されないけど実は当人も気にしてる。
そして、夏休みは終わろうとしている。
 
 
 
そんなところでしょうか。。。
では、我々は何をなすべきなのか。
 
やらなければならないのに何もしない。
怠けて疎かにすることは、すなわち怠慢。
我々が脱すべき事柄のひとつでしょう。
 
けれど、それ以上に厄介なのが〇〇。
パチンコ、ソー●●ンド、自衛隊。
これらは日本の三大〇〇と言われるもの。
その〇〇こそが決別すべき最たる対象…かも知れません。

春かな?(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2022/03/11

…と言いたいところですが気分は晴れません。
立春だと正直まだ寒いけれど、啓蟄を経たら、
虫も山も笑顔になって、ウキウキするもの。
 
それが…、
ロシアの独裁者プーチンのせいで台無しです。
 
侵略を受けているのはウクライナの人々です。
我々が直接的な被害を被ったりはしてませんが、
外食やレジャーの類はすっかり遠のきました。
 
家のテレビでは、ほぼほぼウクライナの報道。
情勢が気になるので、つい見てしまいますが、
それ以上に気になるのはロシア寄りの出演者。
 
 
 
「侵攻を決断したプーチンが一番悪いけど、
 ロシアにはロシアの事情がある。元々は
 ウクライナの中でも親露派が多い地域。
 ロシア語を使っているし、兄弟のような
 国なので話し合いで解決してもらいたい」
 
何を言ってるのだろう…歴史を知らないのか。
 
ドイツによるホロコーストは教えるくせに、
旧ソ連によるホロドモールは教えない不思議。
 
1930年代前半、スターリン政権下のソ連が、
ウクライナで穫れた小麦をすべて奪い取り、
ウクライナ農奴は飢えと寒さで冬を越せずに
何百万人もが命を落としました。当然ながら、
家には住む人がいなくなり、そこへ新たに
大量のソ連人を入植させたという怖い実話。
親露派だとされるドンバスでの出来事です。
 
映画「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」。
 
 
 
これを観れば真実に近づくことが出来ます。
また少しはソ連(ロシア)という国の本質にも。
真夜中に一人で見ると失禁しそうですが、
間違いなく今、観るべき1本だと思います。
 
そして、案内ついでもコチラもご紹介。
 
 
 
漫画「空母いぶき」とその続編(連載中)です。
映画化もされた作品ですが、その劇中では
「国連軍」と称した中国やロシアまでもが
停戦に介入するという無節操なアレンジぶり。
 
けれど原作では、中国こそが倒すべき敵国。
そして戦いの舞台となるのは尖閣諸島です。
中国の脅威が日々拡大しつつある状況の中、
日本の対応をリアルに描いた作品であり、
大変面白く、一気に全13巻を読了しました。
 
ちなみに、その続編は北極海から始まり、
対峙(退治か?)する国はロシアへシフト。
正直、「今さらロシアか?」と不覚にも
物足りなさを覚えた自分を今は恥じてます。
 
   
 
単行本では第6巻が現時点での最新刊です。
いずれも今、読むべき作品だと思います。
 
ロシアがデカいのは領土と態度だけ。
約束とは破るためにするものである。
 
本当に厄介なのは更に難敵の中国ですが、
まずは今起きていることに向き合わねば!
  
お花畑にいた人々も、流石に今回の件で
目を覚ましただろうと薄々感じています。
 
しかし、それでも夢を見続けたい連中は
残念ながら我が国には多い。平和ボケは
もはや病気のレベル。うつろう四季とは
異なり、常に脳内が春満開!な彼らへの
有効な目覚まし時計はあるのでしょうか。

後味(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2022/02/22

多分この言葉に続くのは十中八九、
「…が(の)悪い」というフレーズ。
 
日本人選手団の目覚ましい活躍が
まだ記憶に新しい北京オリンピック
(Beijing2022)冬季大会ですけれど、
https://twitter.com/amanojaku2k/status/1495556238108598275
始まる前から予想されていた通り、
大変後味が悪いものとなりました。
 
コロナ禍なのにナゼ開催する?
 
と貶され続けたTOKYO2020でしたが、
それより一段と状況が悪化している
北京冬季大会には反対派も完全沈黙。
 
しかも、冬のオリンピックなのに
天然雪が降らない場所での開催を
全くもって疑問視しない不自然さ。
 
中国共産党の威信をかけた大会で
「ヘマなどするはずがないよ!」と
受け止められているようなのですが、
その期待は見事に打ち砕かれました。
 

 
挙句にROCなる賊が跋扈する始末。
「ロシアオリンピック委員会」って
何なんスか、一体アンタたちは。。。
 
壁の穴から検体をすり替えるなど、
かの国が国家ぐるみで関与していた
ドーピング問題がクロだと判定され
国としての参加は出来なくなりました。
 
ただし、これまで頑張ってきた選手に
罪はないと個人での登録は認めたのです。
それは、クリーンな選手が「個人的に」
参戦するという前提であり、運営側の
「お情け」によって薄氷を踏むように
実現してる「建前」であったハズです。
 
 
 
なのに、個人的どころかチーム戦にも
参入し、開会式へは大統領まで出席する。
(国としては参加できないんじゃ?)
 
大会が始まってもなお、ドーピングの
疑惑が巻き起こり、競技結果に影響が
及ぶ可能性云々でメダルセレモニーも
行われず終い。明らかアウトでしょ!
真面目にやってる選手がバカみたい。
 
ロシアはドーピング関与の疑いが強い。
ただし、ROCとして個人参加は認め、
団体競技への登録は許可しない。かつ、
大会期間中であっても、薬物使用の
問題が再発覚した場合は、ROCの
全選手は出場権を取り消され、既に
授与されたメダルも即刻剥奪される。
 
 
 
バッハ会長にはこれぐらいのことを
言ってもらいたかったです。マジで。
いくら中国の女性テニス選手と妙な
工作を試みても疑いなど晴れません。
(そもそも冬の大会にテニスないし)
 
女子フィギュアスケートの選手たちが
本当に気の毒に思えてきました。
 
前半のSPで4位だった選手が、翌日に
5種類の4回転を跳んで着氷する衝撃。
日本人選手も頑張ってはいましたが、
見た目で相当不利な上に、演技構成が
格段に劣るとあっては勝負にならん。
 
 
 
「こりゃ役者が違うわ」と思いましたし、
表彰台はROCの独占だと覚悟しました。
しかし、現実はそうならなかったのです。
 
勝っても負けても禍根を残すロシア勢。
「私はもう二度と氷の上には立たない。
 こんなスポーツ、大嫌い!」とまで宣う始末。
 
それに対して、銅メダルに食い込んだ
 
 
 
坂本選手の振る舞いの何と立派なこと!
 
「勝つって何だ、それって幸せなのか?」

改めて、考えされられる出来事でした。
 
ロシアでは勝利がすべてに優先するため
技術的には達者でも内面はクズほど未熟。
(結局エキシビジョンには出てましたし)
選手としての寿命が他国に比べて極端に
短いこととも無関係ではない気がします。
 
ソトニコワ、リプニツカヤ、ラジオノワ。
彼女たちは今も元気でいるのでしょうか?
 
「○○○、コ○○○、オソ○○○」
 
 
 
まさしく、その通りだなと思います。
 
勝つためなら何だってする。
クスリぐらい当たり前に使う。
バレたらバレたでシラを切り通す。
何なら大統領のお出ましで突破する。
選手は消耗品。代わりならいくらでも。
 
本当に胸クソな国です。さすが共産主義。
今大会の開催国と国情が似ているので
お互いに非難し合うことはありませんが、
もうこれでアウトだとハッキリしました。
 
共産主義国の参加には制限が必要である。
かつ、共産主義国での開催はNGである。
 
オリンピックが終わると次に始まるのは
パラリンピックです。それまでの間に
緊迫しているウクライナ情勢が一気に
動き出すことを大変危惧します。
(ぬかるみが凍結する今こそ狙い目?)
 
 
 
先ごろ、ロシアではウクライナ国内の
親露派地域を国家として承認しました。
ドネツク州にあるドネツク人民共和国と
ルガンスク州のルガンスク人民共和国で、
ノヴォロシア人民共和国連邦を結成。
親露派ということは反ウクライナ勢力。
そんな連中がロシア国境周辺に陣取り、 
一方的に自治区を形成して国家を宣言。
それを首領国が勝手に承認したのです。
(カタギのやることとは思えません)
 
これ、実は日本にとっても一大事です。
北の端ではアイヌ人の自治区制定が、
南の端では琉球王国としての独立が、
殆どの日本国民が関知しないところで
説明もせずに着々と進められています。
ロシア以上のモンスター国による策略で。
 
「姓」「名」の順が日本と同じウクライナ。
かつては、日本の憲法9条のように
高らかに戦争放棄を唱えていたため、
悲しい歴史を歩んでしまいました。
マジ日本と似すぎですね。話を戻します。
 
平和の祭典を隠れ蓑として、裏側では
利権拡大のための工作を仕掛けている。
それが証拠に武力侵攻を示唆して以降は
化石燃料の相場が高値で推移しています。
 
 
 
アメリカが積極的に介入しない理由が
ロシア同様、資源価格の維持にあるなら
我々は一体、何と戦っているのでしょう?
 
1945年の8月下旬、終戦によって日本が
武装解除した北方四島へソ連(当時)は
兵を進め、今日まで不法占拠しています。
それまで両国の間には、日ソ中立条約が
結ばれていたのにソ連側が一方的に破棄。
 
 
 
かつて、独ソ不可侵条約をドイツが破り、
独ソ戦に突入したことを思い出すなら、
条約など「仲良くしているフリ」であり、
国益を拡大するための道具なのです。
 
律儀に約束を守り続ける日本人とは違う。
アングロサクソンに代表される白人系は、
右手で握手しながら、左手では殴る準備。
舌の数が一枚だけの我々とは大違いです。
 
ベルリン五輪から3年後、ヒトラー率いる
ドイツはポーランドへ侵攻し第二次大戦へ。
1964年の東京五輪開催期間中に、中国は
核実験を強行して、5番目の核保有国に。
ソチ冬季五輪直後にロシアはクリミア半島を
ウクライナから奪い一方的に併合しました。
 
 
 
平和の祭典とされるオリンピックの裏で
軍事作戦が進行していた紛れもない事実。
楽しい五輪が後味の悪いものとならぬよう、
独裁色の強い全体主義国の指導者には、
「力による現状変更は許されない」のだと
今更ながら一層強く認識してもらわねば!
 
けれど、ダメでしょうね。何といっても、
共産主義を生んだ国であり、中国をはじめ
世界中にコミンテルンを展開して、革命の
名の下に各国を内側から崩してきた国です。
その工作によってやらなくてもいい戦争が
どれほどあったことか。嗚呼おそロシア。
 
万が一という以上の確率で侵攻へ動く予感。
 
そのときこそ、北方四島へ自衛隊が上陸し、
「ただいま~」とばかりに制圧したところで
文句言われる筋合いはないと思うのですが…、
 
 
 
やはり今の日本人には出来ないでしょうね。
まともな国会決議ひとつ出せんのですから。
 
今月アタマにようやく決議されたのがコレ。
中国とも、人権侵害とも、非難とも記述されず!
 
 
 
世界各国が中国の人権弾圧を厳しく問う中、
一部の親中派勢力が猛烈に反対したのです。
元の文章も押しの弱いものでしたが、それが
赤ペン添削によって一層骨抜きとなりました。
このなんちゃって感は、誰の仕業なのか…
 
 
 
本当に後味が悪いです。またその一週間後に
今度は「ウクライナ決議」がなされました。
本来は対露非難決議のハズなのにロシアを
名指しはせず、「国外勢力の動向による
ウクライナ情勢不安定化」に対してという
これまたなんちゃって決議。何がしたいの?
 
こういうときに使用するべきフレーズの、
「断固非難する」ではなく、
「強く非難する」でもなく、
「非難する」ですらない。
ずっとずっと軽い「深く憂慮する」って。。。
 
何にビビってるのでしょうか。そんなことで
奪われた領土が戻ると思ってるのでしょうか。
 
或いは、問題があること自体に意味があり、
解決するかのように振る舞うことが真の目的。
つまり、ゆすり・たかりの感覚なのでは?と
ついつい勘ぐりたくもなってしまいます。
 
けれど、相手方が過剰に反応しているのは、
それだけ後ろめたいと感じているからです。
世の中には、やられたらやり返せる権利、
すなわち「報復権」が存在していることも。
 
先の大戦を裁いた連合国側は承知してます。
報復できる国があるならば日本であることを。
東京裁判という茶番が演出された背景です。
 
 
 
あれから七十余年。プレスコードで検閲され、
マスコミが震え上がったGHQはありません。
けれど、今なおGHQが強いたWGIPの
番犬として機能し続けるのは何故でしょう?
 
 
 
我々がそれを受け入れているからでしょうか?
 
殆どの日本人にとって答えは「ノー」です。
(全能感を抱き共産主義に強い憧れをもった)
進歩的文化人を気取る自称エリートらによって
思想を支配されているからです。政治家たちも
非難されることで選挙戦が不利になるのを怖れ、
当たり障りのない振る舞いに徹するのです。
 
 
 
現政権を率いる岸田総理や参議院から鞍替えの
林芳正(リン・ファンチョン?)外相のように。
 
国民は話を聞くことのみを望んではいません。
言うべきときには言ってくれることを、
しかるべきときには決めてくれることを、
やるべきときには実行してくれることを、
多くの日本国民はきっと望んでいるはずです。

 
けど、自衛隊作戦まではやれないでしょうね。
いくら隣国から不法占拠された島の奪還には
大義があるといえ、やはり後味が悪いですし。
 
その点のみ、あっち側の国は大したものです。
後味という概念自体がないのでしょうから。

「多様性」が招く不自由。(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2022/01/15

令和4年となって2週間。本日15日は「小正月」です。
大阪の田舎にある我が家では、小豆粥を頂きました。
 
 
 
古くは、年越しの準備やら年始の支度やら、男衆が
挨拶回りで往来をするのに合わせて、台所を預かる
女性たちは息の付く暇もなかったと言われます。
 
そりゃそうです。煮炊きにガスは使えませんし、
電気でタイマー通りにご飯は炊きあがりませんし、
冷蔵庫がないとなれば、いくら冬でも、買い物は
それこそ頻繁にせざるを得なかったでしょう。
 
たかだか数十年程度前の暮らし振りなのですが、
現代に暮らす我々の日常とは本当に大違いです。
 
その年末年始の煩雑さがひと段落する頃、
やっと「私らの新年」として小豆粥を作り、
お祝いしたのが「小正月」の謂れだそうです。
 
ここで、ふと思うのです。
それは、どんなイベントだったのだろうか?
 
旦那衆が食べる新年の御膳にくらべたら
極めて質素で味気ないものだったのかな。
同じ時期に、同じ食事を取れない身の上を
呪う、悲哀に満ちたものだったのだろうか…。
 
私は、きっと楽しいものだったと思います。
気の置けない仲間と、美味しく頂く小豆粥。
見た目は質素でもほのかに甘く栄養満点。
じゅうぶんなご馳走だったことでしょう。
だからこそ、現代にも受け継がれています。 
 
 
 
「みんなちがって、みんないい」
 
多様性を認めようと叫ばれて久しいですが、
現代で前述のような風習が残っていたなら
男尊女卑だの、女性にも権利を認めろだのと、
おそらく、やかましく言われることでしょう。
 
「違いがあること」はいいんじゃなかった?
 
もちろん、欧米型の奴隷に代表されるような、
相手を人間として認めないという人種差別は
許されることではありません。また、現在も
お隣C国が武力制圧した地域を自分の国だと
喧伝し、特にウイグル自治区としてあの地域
(正しくは「東トルキスタン」という国) を
 
 
 
実効支配して人権弾圧を行っていることは
筆舌に尽くし難い非人道的な行為だと言えます。
 
日本は、そんな愚劣国とは全くもって違いますよ。
当事者たる日本人が一番分かっていないのです。
 
歴史戦で隣国にやり込められ、後の世代にまで
余計な負の遺産を残す結果を招き入れたのも、
ひとえに、自国の正しい歴史を知らないがため。
断じて学校で教わったような国ではないのです。

 
神社へ初詣に出かけた人も多いでしょうが、
そもそも、どんな神様が祀られているのか…
分かって参拝する人は少数派だと思います。
 
きいたところで一度では覚えられないほど
難解な名前の神様が多いとはいうものの、
「八百万の神々」と言われるだけあって、
日本人の信仰意識は自然と祖先が中心。
 
唯一神を信仰して異教徒を厳しく廃絶する
一神教の信者たちとは根本的に異なります。
 
いわば、信仰はあるけど無宗教に近い状態。
それが一般的日本人の感覚なのでしょう。
なので、様々な神様を信じられるのです。
 
けれど、その中の最高神はというと…、

 
 
 
伊勢神宮(内宮)にお祀りされている
天照大御神なのです。女神さまですよ。
ちなみに、伊勢神宮(外宮)は豊受大御神。
お世話役をするこちらも、女神さまです。
 
こんな国は、日本以外ありません(多分)。

 
1919年に世界の表舞台で史上初めて、
人種差別撤廃を提起したのが日本です。
 
欧米やC国型の愚劣な価値観を称賛し、
踏襲する必要はどこにあるのでしょう?
 
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教など
一神教を崇拝している連中から多様性を
指南される筋合いはないと、断言したい!

 
年末に放送された、某局の紅白歌合戦。

第72回を数えるスーパーお化け番組ですが、
昨年はどっちの組が勝ったでしょうかね?
 

 
WEBに掲載されている情報によると、
 
〇組が優勝しました
応援ありがとうございました。
2022年もよろしくお願いします。
 
となってますが、別にどっちでも…
ってのが一般国民の正直な感覚。

それぐらい、子どもだって分かってる。
 
けれど、表向きは「歌合戦」なのだから
せめて番組の仕立て上は、競って欲しい。
 
そこで出た昨年のテーマが、「カラフル」。
 
 
 
もう、この時点で香ばしく臭ってきます。
2年前にみたMISIA with レインボーや
半年前の東京五輪国歌斉唱時に着用した
ゲイ作の衣装がトラウマになってるのか…。
そう思うと、先日の演出は多少マシでした。

 
とはいえ、組別のキャプテンがいない。
紅組と白組が交互に歌わない。
紅白で全く応援合戦をしない。
けれど、最後は勝敗を決める。
しかも申し訳程度にやっている感アリアリ。
(やめると紅白歌合戦ですらなくなる?)
 
ある意味、LGBTQ的な連中を一括りにし、
「桃組」で出した方がマシにも思えます。
なんで、こうなっちゃったんだろう???
 
アメリカでは、男女別のトイレがなくなり、
ユニセックス(いわゆるジェンダーフリー)に
変わりつつあるのだとか。家庭のトイレなら
まだしも、公共の施設では…嫌でしょうね。
 
 
 
お隣のK国では、性自認を重視しすぎて、
女性用のサウナに、自称女(生物上の男)が
入って問題となり、それを排除した店側を
アッチ界隈の団体が取り囲んで猛烈糾弾。
営業的にも大きな損失になったそうです。
 
我々が進むべき道とは違い過ぎますな。
 
多様性が認められる社会は素晴らしい。
そのこと自体に、異論はありません。
けれど、行き過ぎた権利を認めることは、
これまで我々が受け継いできた日本の
価値観を著しく誤った方向へ歪めます。
 
 
 
古くから民主主義を確立させ、

(democracyの誕生前からの概念で)
身分や人種の差別がなかった日本。
 
就きたい職業に就き、
読みたい本が読め、
言いたいことが言えて、
好きな人と(承諾があれば)結婚できる。
(婚姻は両性の合意のみに基づく前提)
 
極めて寛容に個人の権利が認められ、
自由に暮らせる我が国日本において、
この上、何を求めようというのか?
私にはサッパリ訳が分かりません。
 
・多様性というのは実は不自由である。
 
 
 
・そして、SGDsはまやかしである。
 
少なからず前者は証拠が揃ったようです。
しかしながら、後者は未だ見えにくい。
 
我々が豊かになれる策ならば歓迎しますが、
どうも真逆の臭いプンプンでたまりません。
 
令和4年も、誤った情報に踊らされず、
真実を見極められるよう努めたいです。
 
今年こそ、皆が幸せな1年でありますよう。

要らぬ忖度。(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2021/12/04

南アフリカから新型コロナの変異種、
オミクロン株が広がり始めています。
 
α(アルファ)やβ(ベータ)と同じ
ギリシャ文字のο(オミクロン)。
序列としては15番目だそうですが、
ペルー由来のラムダ株(昨年12月)や
コロンビア由来のミュー株(今年1月)から
およそ1年弱。13番目の注目変異株として
名前を与えられました。
 
   
 
けれど、何故か13番目のν(ニュー)や
14番目のξ(クサイ)が使われない不思議。
 
ν株は英語だと、Nu variant だから、
New variant is Nu variant.となって
実にややこしい。たしかにこれは分かる。
 
けれど、ξ株なら、Xi variant となり、
(何ら問題はなさそうですが…)WHOは
「一般的な名前と同じだ」という名目で、
 
  
 
(実はC国の要人と同じだから)回避した…
との憶測を呼んでいます。絶対そうだろ!
 
元々この病気はC国・武漢で発生しながら
それを隠蔽して、全世界へ広めたのです。
隠そうとすればするほど表に出る不思議。
 
イギリス株をα、インド株をδ(デルタ)と
改称したところで本質は何も変わりません。
 
 
 
発症がC国であることを隠そうとするほど、
余計に注目を集めてしまうパラドックス。
たかだかオミクロン株命名をめぐる騒動にも
神様の悪戯めいた面白さを感じてしまいます。
 
けれど、今回の新型変異株に対しては、
日本の初動もかなり早かった印象です。
イスラエル、英国、で…その次ぐらい?
 
水際で封じ込めないと大変なことになる。
新型コロナ有識者会議の会長が苦労する。

 
  
 
名は体を表すため、新型株で尾身苦労…

とか、ブラックジョーク的に尾身黒と
ならぬよう願いますが、古巣のWHOも
そこまでの気遣いはしてくれないのね。
ぶっちゃけ、差別では?と同情します。
 
「ξ」と「Xi」って、音の響きとしては
「臭い」と「シー(習)」に酷似しています。
 
今後は、あの御仁のことを臭〇平って
呼ぶ方が適切では?とまで囁かれる始末。
(正直、イイ匂いするイメージは皆無)
 
妙な忖度か、或いは外圧なのか、
余計な小細工をすればするほど
かえって自分に突き刺さっちゃう。
 
  
 
アッチ界隈の伝統芸は、国内外を問わず
バッチリ根付いてるのかも知れません。

もう間違えないで!(心の叫び)(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2021/11/16

「2位じゃダメなんですか?」
かつてこの発言で話題になった
タレント出身の女性議員がいます。
 
 
 
つい先日も総選挙が行われて、
衆院議員が選び直されたものの
「変えよう」をスローガンに
政権交代を訴えかけた割には、
某党の獲得議席は解散前と同じ
2位でした。トップを取ったら
何かと面倒なので定位置の方が
好都合…が本心かも知れません。
 
けれど、技術の世界は全く別物。
 
理化学研究所のスパコン「富岳」が
計算性能を競う世界ランキングの
主要4部門で1位になりました。
ランキング発表は半年ごとなので
2020年6月から4期連続になります。
 
1位に輝くって、素晴らしい!
またそれを連続で維持するのは
大変な偉業だろうと思いますし、
日本人として大変嬉しいことです。
 
けど、そのスパコンで何するの?
1秒あたり約44.2京回の計算って
どういう業務に役立つんだろ?
 
 
 
私がまだ子どもだった昭和の時代、
天気予報は概ね気休め程度でした。
それほど、当たらなかったのです。
 
その後は、エリアを細かく区切り、
データ収集と統計学に基づく分析、
緻密な計算を行うことによって
時間軸も含めたピンポイントの
予測まで出来るようになりました。
しかもかなりの精度で当たります。
 
一昔前なら考えられなかったこと。
 
スパコンの演算処理能力が低いと
計算をしている間に天気が進んで
お茶の間に予報を伝えられません。
 
 
 
いくら収集したデータが正確で、
解析モデルが理にかなってても
計算が間に合わないと全然ダメ。
そういう残念な状態だったのです。
 
けれど、今は違います。余裕です。
逆に言うと、そこまでの能力は
全然必要ないのです。ぶっちゃけ
「富岳」の仕事を国民が知るのは、
コロナ禍で飛沫がどう飛ぶか…。
それをシミュレーションしたこと
ぐらいではないでしょうか?
 
しかも設定条件がマズいと結果が
(8割おじさんのモデルみたいに)
全然違ったものとなりますし。
 
 
 
国立競技場に観客を入れた場合、
感染が拡大する確率は極めて低い!
と結果が得られても政治的判断で
軽くあしらわれたりもしましたし。
 
東京オリパラを有観客にするか否か…
莫大な資金をつぎ込んだってのに、
大変残念なことだったと思います。

 
1位になるのは確かに立派ですが、
目的化し過ぎるってのは考え物。
出来ることなら必要とされてる
分野での1位を目指したいです。
 
そのひとつが通信速度。5Gが
世に出て久しいですが、日本で
その恩恵にあずかれているとは
今でもなかなか実感できません。
 
 
 
さらにその先の6Gが実用化し
画像認識の技術と併せられたら、
クルマの自動運転も実現可能と
言われており、私たちの日常も
まったく様変わりするハズです。
 
今この分野での先頭走者はC国。
国内には様々な場所にカメラが
備え付けられており、15億とも
いわれる人民の同定には1秒。
80億人の全人類を対象にしても
2秒あれば十分なのだそうです。
 
これなら、迷子や徘徊老人の
対応にとても役立ちますね。
 
 
 
という日本人的な利用の仕方は
全く考えていないのがC国らしい。
 
英国のジャーナリストが試しに
軽い犯罪を狙って万引きしたら
約7分で当局に拘束されたとか。
 
おそらくC国は犯罪の抑止と
特定の人物を捕捉するために
これを利用しているのでしょう。
 
先進国からパクった技術でも
何に活用するのかが明確で、
その徹底ぶりには舌を巻きます。
 
自動車のEVシフトもそうです。
エンジン開発では日本に勝てない。
だからゲームチェンジでEVだ!
なにしろバッテリーの原材料は
ちゃっかり押さえてますからね。
 
 
 
太陽光発電だって同じことです。
石炭火力発電の分野でも技術的には
日本のひとり勝ち。原発推進という
思惑があるので日本の電力会社は
積極的にアピールしていませんが、
これを発展途上国へ持っていけば
ものすごい量の二酸化炭素排出が
削減出来るだろうと言われてます。
 
だからでしょう。化石燃料は悪者で、
太陽光はクリーンなのだと叫ぶ狂気。
 
ゼロカーボンという錦の御旗で
ゲームチェンジを狙ってるのです。
北欧のグレたお嬢ちゃんを使って…。
 
 
 
「見えすぎちゃって困ァるのォ」の
フレーズで一世を風靡したCMは
マスプロ電工ですが、実現したのは
八木式アンテナでした。機能に優れ、
一時はどの家の屋根にもありました。
 
戦前に発明された時分は、離島との
通信にしか使えないとされたものの、
米英がその技術をパクって軍事転用。
レーダーとしての改良が加えられ、
日本軍を苦しめました。陥落させた
シンガポールで見つけた妙な機械…。
捉えた英国軍人に詰問したところ
「本当にヤジーを知らないのか?」
何のことはない、YAGIの技術でした。
 
結果的に、ミッドウェー海戦でも
広島や長崎の原爆投下においても
YAGIを改良したレーダーのせいで
日本は壊滅的被害を受けたことが、
後の調査でも明らかになっています。
 
また、フラッシュメモリも今では
誰もが知る便利品ですが、元々は
東芝の社員が開発したものでした。
残念ながら社内であまり評価されず、
チームごとK国のサ〇スンへ移って、
技術を丸っぽパクられちゃいました。

 
 
 
国民の大半が利用しており、政府も
公式情報の発信に使っているLINE。
サーバが日本国内にあるとしながら、
実はK国に置いていたとか、情報が
C国に駄々洩れだったとか、色々と
物議を醸していますが、これも元々の
開発はライ〇ドアのエンジニアです。
先の話同様、引き抜かれたのですね。
 
実は、SuicaやICOCAも相当な技術。
何とか守って上手く利用しないと!
またもや我々は大きな財産を失います。
 
失われた日本…と呼ばれて久しいですが、
それは1990年頃からの30年間で環境を
重視するあまりに成長の機会を失った
ことによるものでした。他国はその間、
二酸化炭素の削減やゴミの分別をせず、
生産性を高めることに没頭出来たのです。
 
そもそも、温暖化と二酸化炭素は本当に
因果関係があるのかどうかすら疑わしい。
そして、ついにはゼロカーボン。炭素が
諸悪の根源であり、課税の対象となる…


って、アタマおかしいのでしょうか?
森林だって夜には酸素を消費しますから。
 
COP26では各国の代表が将来目標を主張。
とはいえ、政治判断で発表されたに過ぎず
真剣に取り組む気があるとは思えません。
そのくせ日本だけは馬鹿正直に実践する。
今回も「化石賞」なる栄誉に浴しましたが、
マスコミが報じる、環境対応に消極的な
姿勢を揶揄されているのではなく、実は
バカ真面目に取り組もうとする日本を
嘲笑っているだけのことなのです。
 
「日本は世界に勝てない」って本当?
おそらくそう感じる人も多いでしょう。
実は間違いであり、或る意味正しい。
 
素晴らしいものを持っているのに、
残念ながらその価値には鈍感です。
正当に評価されていないためか、
パクられることにもまた無頓着。
 
 
 
スパイは何も軍事機密だけを盗みに
紛れ込んでるのではありません。
産業界にもスパイはうじゃうじゃ。
戦後にGHQが刑法の第83条~第86条を
削除しました。利敵行為条項ですよ。
もういい加減、元に戻してもらいたい。
 
日本は今、コロナ禍から劇的に日常を
取り戻しつつある過渡期の最中ですが、
海外では全くそのレベルにはありません。
なのに、早くも水際対策の緩和を決定!
って、バ〇なのでしょうか。閉じるのは
すごく時間がかかったのに開くのは速攻!
いくら学校関係者や産業界が要望しても
国民感情としては到底受け入れがたい。
一体、どこまでお人好しなのでしょう? 
 

ときにファイブアイズ(Five Eyes)は、
アメリカ、イギリス、オーストラリア、
カナダ、ニュージーランドの五カ国で
構成される、政治的、軍事的な情報を
共有する同盟です。全て英連邦ですね。
 
 
 
この枠組みに「日本も入らない?」と
お誘いされてるウソのようなホントの話。
 
膨張を続けるC国への睨みのためか、
はたまた日本があちら側へつく懸念か、
いずれにしても立ち位置をハッキリと
させねばなりません。そのためにも、
(内政干渉となるので言及はないけど)
スパイ防止法をさっさと整備しろ!
ってことなのでしょうね。おそらくは…。
 
技術力に長けているのは日本の強み。
けれど、どう使うか、どう守るかに
関しては絶望的泣き所だと言えます。
それゆえ、敵国への技術流出を懼れ、
日本を取り込もうとしているのかも?
 
スパコンが世界一になるのはいいけど、
その領域でしか世界と競えないのなら
将来に不安が残ります。何をすべきか?
今一度、そういう視点に立って世界を
俯瞰すべきだと感じざるを得ません。
 
 
 
冬季五輪まで約2ヶ月半に迫りました。
延期も中止もボイコットも叫ばれず、
(TOKYO2020のときとは大違い!)
不気味なほどに淡々と時間が経過中。
 
挙句に、日中友好議員連盟の会長を
(親子二代で筋金入りの親中派です)
新外務大臣に据えてしまいました。
 
多分、北〇冬季大会へ行くでしょう。
そして、S国家主席の国賓来日への
道筋もつけようと画策するはずです。
嗚呼、目まいが。。。
 
どう見られているかを本気で考えないと…。
 
因果応報、ブーメランが突刺さるのは
あの人の専売特許ではないのですから。

値上げ…そしてその先へ。(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2021/10/16

10月に入り、色々なものが値上がりしています。
 
たばこ、小麦、マーガリン、電気やガスの料金、
そして、最低賃金。中には関係ないという人も
いらっしゃるでしょうが、小麦を主原料とする
パンや菓子、麺類などにも影響が及びます。
全く無関係というわけにはいかなそうです。
 
 
 
また、車に乗る人ならお分かりでしょうが、
このところガソリン代も上がり続けてます。
 
せっかくコロナ禍が終息する傾向にある中、
外出を計画している身にとっては堪えますね。
 
昔は消費税などという税もなかったので、
単純比較で我々日本国民の可処分所得は
かなり減少しているとみるべきでしょう。
 
事実、この30年ほどを考えてみても日本の
平均給与はほぼ横ばい。その間に欧州は2倍、
アメリカは3倍、中国は5倍になったという
識者の見方もあるようです。ホンマかいな。

 
日本では消費税率が上昇している中でも、
平均所得は3万9千ドルあたりを右往左往。
 
 
 
幸か不幸かデフレ経済のお陰で実質賃金は
いくらか上がったような気になるのかも
知れませんが、可処分所得は相当減ってます。
 
一体、政治家や役人って何やってんの?
 
国民の生命と財産を守るため。
領土、領海、領空と主権を守るため。
日本国、そして国民の誇りを守るため。
 
そういう意識が元々欠けているのか、
あるいは限りなく希薄なのでしょう。
 
我々が日々の労働によって得た対価から
それこそたんまり税金をもっていく。
その使い道がこれじゃーね。情けない。。。
 
昔はもっと税金が安かった。そして、
働き始めた人の給料、つまり初任給も
今よりずっと安かった。それでも皆が
努力してプロフェッショナルへと育ち、
一人前の報酬を受け取っていきました。
日本人の生涯獲得賃金も今よりずっと
高かったのです。なんで…こうなった?
 
最低賃金を上げることは分かり易いけど、
実はあんまり効果がないと言われます。
 
 
 
選挙が近づくと政治家がいつも以上に
最低賃金でギャーギャー騒ぎだします。
けど、本質はそこじゃーないんですよね。
 
そもそも、最低賃金で働いている人が
少ないことと、最低賃金の少し上の額で
働く人の賃上げが抑制されちゃう現実。
 
場合によっては、最低賃金対象者といえ、
何のスキルもないニューカマーに対して
いちいち仕事を教えながら、そこそこの
給料を払い続けるのは結構大変なこと。
 
K国では最低時給額が1,500円になって、
逆に若年者の働き口が減ったそうです。
 
 
 
日本はまだそこまで行ってませんけど、
少なからず同じ崖へと向かっています。
「人の振り見て我が振り直せ」ですよ。
 
大切なのは必要な人を手厚く遇すること。
 
コロナ禍でエッセンシャルワーカーが
広く認知されるところとなりましたが、
実はこの言葉、医療従事者だけでなく、

「必要不可欠な業務に従事する人々」
というのが本来の意味らしく、ほかには
福祉、農業、小売・販売、通信、そして
公共交通機関なども含まれるのだとか。
 
 
 
言われてみれば、成り手不足という
イメージにつながりやすい職種かも。
けど、仕事ってほかにも沢山ありますよ。
 
当社はナットを作ってる会社ですので、
いわゆる製造業です。「必要不可欠」な
仕事だと自負していますが、なくても
ただちに生活が危険にさらされるほどの
緊急性はない!と言われれば…そうかな?
 
鋼材価格の高騰によって春先に続き、
この夏~秋でも大幅な製品値上げを
させて頂くことになっておりまして、
当社でも本日より新値へ切替えます。
 
概ね「材料値上げなら仕方ないね」と
値上げやむなし的な空気感なのですが、
中には「値上げは受け入れられません。
まずはユーザーへ了解してもらわないと」
って、仰るお客さまもいらっしゃいます。
 
 
 
そこで私は思うのです。この御仁は
行きつけの定食屋でも同じこと言うのかな?
 
長らく続くデフレ経済下で、どうやら
我々は値上げが悪いことであるように
錯覚させられているのかも知れません。
 
買う側からすれば、そりゃ安い方がいい。
当たり前ですよ。ただし、ある日突然
これまであって当然だと思っていたものが
手に入らない可能性は大いにあることを
覚悟しなくてはならないでしょう。
 
「タダより高い物はない」と言われる通り、
「価格は高すぎても安過ぎてもダメ」です。
 
かかるコストが…その結果のプライスが…
妥当であるかを見極める必要があります。
 
 
 
衆議院が解散して月末の総選挙に向け、
「センセイ」たちは動き出しました。
本会議場にいる間は居眠りしてたのに、
選挙戦が始まると「〇〇対策します!」
って、美辞麗句は票集めのときだけか?
 
 
 
耳障りのいい「人にやさしい政治」の
結果が、今の成長しない日本なのです。
 
ドラマ「おしん」で主人公は祖母から
50銭を受け取ります。1円の半分ですね。
けれど、物語の描写から明治の後期では
そこそこのオカネなのだと分かります。
 
これって、たった100年ほど前の話です。
つまりその後の経済成長はおよそ1万倍!
 
 
 
現状を打破する強い意志が成長の原動力。
昔の人はそう信じて頑張ったものですが、
微妙な豊かさを得た現代人は、絶妙な安定に
甘んじて、奇妙なほどリスクを取りません。
 
成長なくして分配なし、良薬口に苦しです。
 
そういう当たり前のことを主張できる
政治家こそが本物。有権者が賢くなり、
無能な政治家を落選させなきゃですよ。
(今回の自民党総裁選で思い知りました)
 
その第一歩が物価の上昇。辛いながらも
受入れて、成長の果実を心待ちにしたい。
 
 
 
私が社会人になって以降、初任給が殆ど
横バイのままで30年続く日本は異常です。
 
そんなデフレ経済から脱却するために…
当社の値上げも何とぞご理解下さいませ。

夏の風物詩…棒球?(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2021/09/04

答弁が棒読みだった総理大臣が続投断念!
さすがに驚きました。再選を目指して、
梯子を上った途端に外されちゃった…。
二階用の梯子は使うべきじゃないですね。
 
さて。いつになく涼しかった印象の今夏。
9月に入り朝夕はより一層涼しさが増し、
我が家でも風鈴が虚しく響いています。
 
花火、風鈴、盆踊り、海水浴に入道雲。

 
 
 
夏の「風物詩」で頭に浮かぶものには、
今年は殆ど御縁がなかった気がします。
 
夏と言えばやっぱり甲子園!という人も
おそらく大勢いらっしゃることでしょう。
それほど、国民的人気が高いスポーツです。
 
先月のオリンピックTOKYO2020大会では、
めでたく悲願?の金メダルに輝きました。
 
大会参加がたったの6チームだったため
複雑すぎるトーナメントに困惑しましたが、
自国開催、かつオールプロ選手でチームを
編成して何とか、頂点へ辿り着いたのです。
 
 
 
MLBが選手を出さない一方で、NPBは公式戦を
中断してまで主力を送り込みました。しかも、
中軸にもバントさせるなど、勝負に徹する
スモールベースボールを是認する前提です。
 
金メダル自体は国民として純粋に嬉しいし、
選手の頑張りに水を差すものではありません。
ですが、日本のヤキュウという競技に対する
過剰な扱いには正直ウンザリしています。
 
五輪の開会式でも往年の元3選手が登場し、
聖火をつなぎました。ホームランで世界の
キングとなった台湾国籍者や、アメリカ
大リーグのワールドシリーズでMVPを
取ったゴジラなら知られるところですが、
「あのヨボヨボしてる人は一体誰なの?」
 
 
 
そんな風に言われているんじゃないかと
少々心配にもなりました。日本国内では
「ミスターの登場には感動しました!」
という盛り気味の街の声を報じてますが、
本当にそうなんだろうか?と私は懐疑的。
 
昨年はコロナ禍で中止となった甲子園大会。
けれど、それよりも「感染者数」が多い
今年は大会をやりました。五輪開始前は
散々「中止せよ!」と連呼していたのに
その新聞社はしれっと開催を決めたのです。
 
https://www.youtube.com/watch?v=vkeJkCmrZYk
 
しかも、今年のお盆は本当に連日の大雨。
ぐちゃぐちゃの甲子園で試合が行われる中、
各地では大雨警報の発令がひっきりなし。
結局、複数回の中断をはさんだものの、
天候は回復することなく雨天コールドで
敢え無くゲームセット。気の毒過ぎる…。
 
 
 

そこまでして試合をやる必要あるかね?
率直にそのようなことを感じました。
また、翌日の新聞見出しが実に痛い。
「敗者に涙あり、勝者に笑みなし」
って、大喜利のつもりでしょうか。
 
日本ではメジャーなスポーツと言われます。
幼少期から少年チームに加入するなどして
基礎を身につけ、技術を磨き、鍛錬します。
それこそ、遊びも勉強もそっちのけで。
 
実力上位の選手が睨む目標は当然ながら
「プロへいくこと」に尽きるでしょう。
動機づけとなる要素は「ヤキュウが好き」、
「目立ちたい」などの控え目なものから、
忽ち「大金を稼ぎたい」へと変貌します。
事実、トッププロの年棒は億単位なので、
魅力を感じるのは当然のことと言えます。
 
けれど、それだけの内容を伴ってます?
 
 
 
甲子園大会は春と夏に開催されてます。
春は毎日新聞、夏は朝日新聞の主催です。
当然ながら、それぞれが持つテレビ局で
放送はしますけど、同時に公共放送でも
中継を流すのです。おかしくないですか?
 
たかだか高校スポーツの全国大会なのに
連日テレビの複数チャンネルで同時放送。
視聴率ではぶっちゃけCMが流れない
公共放送の圧勝なのに民法でも報じる。
本当は他局に放映権を売っぱらって
左ウチワでウハウハのハズでしょうに
主催者のプライドなんかな。分からん。
 
ですが、今年は極端な天候不順で試合の
開始時刻が遅れることもザラ。お昼前に
第1試合が始まった日なんか第4試合は
とっぷり日は暮れてナイターモードに。

 
 
 
さすが甲子園!と言いたいところですが、
公共放送でしか中継してませんでしたよ。
主催者の朝日系TVではバラエティ番組。
巨人戦だったらきっと逆の結果だろうに…
本当に胸クソだな!と感じた出来事でした。
 
ヤキュウ好きの少年に罪はないと信じたい。
事実、二刀流を引っ提げて太平洋を渡り、
本場で大活躍を続ける選手はまさに天晴れ!
 
けれど、そこまででもない選手でさえ、
・幼少期より目立っている
・周囲から褒められチヤホヤされる
・稼げるからプロになれと言われる
・結果として横柄な人間に育つ
・服装や装飾品が派手になり易い
・一般常識の欠如に気づきにくい
という特徴があるように感じています。
 
 
 
また、新聞社やテレビ局の関係者だと、
・幼少期より比較的利発である
・勉強がよくできてチヤホヤされる
・いい大学への進学を勧められる
・結果的に他人を蹴落とすよう育つ
・服装や言動がラフになり易い
・一般常識の欠如に気づきにくい
 
なんか似てますね…ってか似てますよ。
 
少年チームの試合でも勝つことが最良!
とばかりに弱い投手を滅多打ち。投手が
四球を出そうものならバントと走塁で
かき乱し、どんどん点差が開きます。
いくら投げても終わらない自分の守備回。
それに比べて余裕たっぷりの相手投手は
打てない球をビュンビュン投げてきます。

点差など、縮まるはずがありませんよ。
 
一時期、日本の少年チームが国際大会で
大活躍したのですが、実はこういうこと。
対戦チームの監督がこう言ったそうです。
「日本は確かに強い。それは認めよう。
 けれど、実力差がこれほど違う相手に
 我々は決してこんな戦い方をしない」
 
東洋経済オンラインで見つけた記事です。
https://toyokeizai.net/articles/-/429649
 
そりゃあ、普通は嫌になるでしょうね。
競技者の裾野が広がらないハズですわ。
 
事実、小中学校における競技人口は
少子化をはるかに上回るペースで
減っているのだそう。当然ですね。
 
さすがに酷すぎるとなって、小中学生は
盗塁をやめよう。点差が開いた試合では
手加減しようという議論が始まりました。
でも高校生チームではこれまで通りです。
そして活躍した選手がプロになっていく。
 
暴力でチームを追われた選手がいます。
原因は、ガキのイジメかと見まがうほど
幼稚な所業。干されるのも当然でしょう。
 
 
 
なのにそれを某チームがあっさりと拾う。
しかも速攻一軍登録して、試合に起用。
球界の盟主を自任し「常に紳士たれ!」
って、アンタ言うだけ番長なんスか?
 
厳しい制裁を科すこともなく、服装への
指導もそこそこに、金のネックレスを
ぶら下げたまま打席に入り、ホームラン!
 
それですっかり雲行きが変わりました。
試合を観戦したミスターが大興奮!って、
美談であるかのように報じたのです。
 
もう、こりゃ何でもアリやな。
 
 
 
暴力沙汰で主力を追い出したチームの
監督は「俺にものすごく責任がある」と
コメントしてましたし、膿を出しきった
つもりかも知れませんが、直りませんよ。
事実、こんなこともあったようですし…。
 
https://globe.asahi.com/article/14421622
 
クズの後ろにまた別のクズ。最悪ですねー。
 
ベースボールが日本に伝わって150年余。
ヤキュウと名を変えて全国各地へ広まり、
数々の名選手とドラマを生み出しました。
(ちなみに中華圏では棒球というらしい)
けれど、そこには新聞社とテレビ業界の
コンテンツを欲する事情があったことは
偽りのない事実です。だからでしょうか。
とても暗鬱な気持ちになってしまうのです。
 
単純接触効果ともザイアンスの法則とも
呼ばれてますが、繰り返し接することで
好意度や印象が高まることは周知の事実。
 
 
 
ベースボールがアメリカから伝わる。
新聞がヤキュウを頻繁に記事にする。
新聞がよく売れ全国大会を主催する。
試合の様子をテレビで中継し始める。
新聞社をオーナーにプロ球団が出来る。
新聞がますます報じて売上を伸ばす。
テレビでも生中継で全試合を伝える。
毎日見るからと球団のファンが増える。
テレビにとって重要コンテンツになる。
各回の表裏ごとにCMを入れやすく、
視聴率も高いのでスポンサーが増える。
プロ選手が儲かる職業になっていく。
人間の中身より競技能力が幅を利かす。
それでも活躍すれば大きな金が動く。
新聞もテレビも目先のカネに目が眩む。
モラルが見る見るうちに欠如していく。
狭い世界なので自浄作用が働かず、
次第に人気のない競技になっていく。
それでも新聞やテレビで報じ続ける。
 
こういったことが主たる要因となって、
今の状況を作り出しているのでしょう。
 
 
 
しかもクロスオーナーシップという
新聞とテレビの独特過ぎる関係も
無視できません。相互所有によって
メディアの健全性が保てないという
観点から禁止している国も多いのに
日本では殆どがこの関係にあるため、
上記のサイクルに拍車がかかります。
 
 
 
とはいえ、時間が解決するでしょう。
新聞やテレビを好むのは主に高齢者。
それは、日曜の朝やってるテレビの
スポーツコーナーを見れば明らかです。
毎回コメンテーターが登場しますが、
ヤキュウしか語れないレギュラーに
これまたゲストもヤキュウの関係者。
サッカーW杯やTOKYO2020オリパラを
開催している期間中でさえいつもと
同じようなキャスティングですもの。
 
 
 
知らない競技は解説内容もペラペラで
視聴しているコチラが心配になるほど。
それでも差別的発言以外は問題にも
ならないのだから完全に舐めてます。
 
高齢者の興味はヤキュウだけみたい。
そういうビジネスモデルなのだと
割り切れば、逆に潔さすら感じます。
 
新聞は取らない、テレビも観ない、
選挙にも行かない、そんな若者は
社会保障の蚊帳の外。ゆとり教育で
働くスキルが低く、稼ぎは少なく、
結婚ができず、子どもは持てず、
一軒家を建てるなど夢のまた夢。
そのような境遇にある若い世代を
もはや顧客とは見ていないようです。
 
であれば、いずれは終わっていく。
強固なクロスオーナーシップで
結ばれた新聞とテレビに起因する
ビジネスモデルは近く破綻します。
 
総務省は先般、平日のネットを使う
時間がテレビの視聴時間を初めて
上回ったと伝えました。って…やっと?
 
 
 
けれど、これはあくまで全年代平均。
年代別にみると、高齢層になるほど
テレビへの依存度はまだ高いみたい。
 
かつては高視聴率が稼げた国際試合、
WBCも初回ほどの盛り上がりはなく、
オリンピックでも実施競技から
長らく除外され、今回も6チーム。
ほかにはプレミア12って大会も
ありますが開催の目的は資金集め。
 
 
 
これじゃーね。先がありません。
もう立派なマイナースポーツです。
 
モラルの欠如を省みず、儲かれば
何でもいいという姿勢が見え隠れ。
なので、往年のファンを自認する
高齢者以外からの支持は得にくい。
若者が離れていくのは当然ですね。
あのジイさんにはこの状況にこそ
「喝ー!」と言ってもらいたいよ。
けど、無理でしょうね。残念ながら。
 
それでも、暴力いじめ騒動に沸く
古巣を尻目に、ベースボールの
本場で大活躍をする選手がいます。
唯一無二の二刀流や甘いマスクも
さることながら、彼の一番の魅力は
その人間性ではないかと思います。
 
 
 

登板のある日でも打席に立てば
バッターとして全集中。走塁時も
全力疾走の上にスライディング!
ケガの危険があるからと監督が
止めてもお構いなしのようです。
 
根っからの野球少年。金銭面でも
クリーンで、性格上も妙な報道は
とんと耳にしたことがありません。
 
彼みたいな選手だけを伝えるなら
テレビを観るし、新聞も購読する。
そう考える人は増える気がします。
結局テレビ次第なのかも知れません。
 
話を甲子園に戻すと、今年の夏の
準々決勝はこんな顔ぶれでした。
京都、福井、島根、和歌山、
高知、奈良、兵庫、滋賀 の8校。
 
 
 
つまり、すべて西日本の代表校です。
パラリンピック報道を差し引いても、
扱われ方が明らかに低下してました。
 
関東の学校はもう負けちゃったし、
地方大会には興味ないよ!ですか?
 
で、その後の準決勝はすべて関西勢。
そして決勝戦は同じユニフォーム?
 
 
 
最終的にどっちが優勝したのかも
よく分からないという絵面は確かに
報じる側にとっては魅力薄なのかも
知れませんけど高校生ですからね。
扱う以上はちゃんと伝えて欲しい。
そうでないと、数字が取れるから
コンテンツとして扱っているとの
誹りを躱すことなど出来ません。
 
新聞・テレビとともに大きくなった
この競技が、新聞・テレビの長年に
わたる独占で、同じように凋落する。
 
そのような気がします。今のままでは…。
 
そんな中、たまたま或るDVDを観ました。
 
 
 
『KANO 1931海の向こうの甲子園』、
今から90年前の実話に基づく作品です。
日本統治下にあった台湾の嘉義農林が
甲子園の決勝戦まで勝ち上がる物語。
本編3時間という長さゆえか、はたまた
部員役の少年たちが話す拙い日本語の
聞き取りにくさなのか、私が知る限り、
多分地上波では放映されていないかと。
 
ですが、とても素晴らしかった。
偽りの多様性が大手を振り過ぎる余り、
もはや何でもアリで、却って息苦しさが
増した感のある現代では新鮮そのものです。
 
日本人、漢人、蕃人(台湾原住民)を
分け隔てなく指導する監督と、本当に
楽しんで真摯にプレーする部員たち。
守備が上手い日本人、打撃が強い漢人、
足の速い蕃人が各々の持ち味を発揮。
 
これぞ、真の多様性なのでしょうね。
且つ、勇気、礼節、勤勉、正直さなど、
 
 
 
日本精神(リップンチェンシン)として
今なお台湾で受け継がれている信条も
作中の随所に散りばめられていて、
実に、鑑賞後感のいい作品でした。
 
こんな感慨に耽られるなら、「風物詩」を
楽しみに次の夏を待てそうな気がします。

やってよかった!(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2021/08/10

”やっててよかった”は公〇式ですが、
”やってよかった”のは、東京五輪です。
私も家族と大いに盛り上がりました。
ホントやってよかった…。心底思います。
 
 
 
直近のヤ〇ーニュースを見たところ、
五輪閉幕直後の読〇新聞調べでは、
64%もの人が好意的にとらえており、
否定的な回答の28%を上回ってます。
 
これって、開幕前に報じられた数字と
ほぼほぼ入れ替わったような印象です。
しかも、〇売とはいえそこは新聞社。
おそらくは定期購読者への調査が
統計の元ネタだとすれば、対象者の
平均年齢はかなり高齢者寄りのハズ。
実際の国民感情としては、8割方が
”やってよかった”と思っているみたい…
ってのが、フェアな見方でしょうね。
 
 
始まる前はこんなでしたから。マジで。
 
それにしても、楽しい17日間でした。
この期間を東京五輪とともに楽しく
過ごせた人とそうでない人との差は
結構大きいんじゃないかと思います。
あれだけ頻繁に日の丸の掲揚を眺め、
君が代を聴くことが出来ましたもの。
しかも晩ご飯どきの一番イイ時間に。
自国で開催する役得かも知れません。
 
金メダルの数や、獲得したメダルの
総数ばかりが注目されがちですが、
コロナ禍であっても選手たちは
身体を作り、技を磨き、心を整える。
そして、ほぼ無観客という特殊な
環境が待っている会場へと足を運び、
最大限のパフォーマンスを発揮する。
 
しかも、それが首都東京で行われる。
日本人はもっと誇っていいでしょう。
 
試合後に選手が待っ先に感謝するのは、
これまで自分を支えてくれた人々。
その次に、この大会の開催に尽力した
日本とその関係者に対してですから。
 
 
 
一部には妙な意見があることも確か。
「頑張ったのは選手なのであって、
 別にお前が何かをしたんじゃない」
 
そりゃ直接的にはね。だからどうした?
 
中国(中共)のせいで世界中に拡散された
新型感染症が人々の日常を奪っている中、
TOKYO2020大会は1年間延期されました。
2021年の開催にも当初よりかなりの
反対意見はありましたが、何のその。
 
 
 
この環境下で滞りなく大会運営が出来る。
多分そんな国って日本しかないですよ。
そもそも、平時であっても五輪を
誘致するのってすごく大変なこと。
 

 

国力を総動員して招致合戦を勝ち抜き、
相当な準備をしてやっとこさのレベル。
前回ブラジル大会を催した関係者でさえ、
「日本でなければ開催できなかった」
と言ってくれています。ホントそう思う。
 
大会を開き、お膳立てされた檜舞台で
実力を発揮するのは選手の役目ですが、
練習環境や用具の提供、食事のサポート、
効果的なトレーニング、医療支援など、
先進国とそうでない国との差は歴然。
 
 
 
それに加えて開催地のホスピタリティ、
清潔さ、快適性、治安の良さなどなど、
日本国民全体が間接的に関わっている
要素は多分にあると私は思っています。
 
日本を訪れた大会関係者の発した
「もし一番大きな金メダルがあれば、
 それは日本人に与えられるべきだ」
という言葉が何よりの証拠でしょう。
 
https://encount.press/archives/203661/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=203661_6

 
日本は約束を守る国、そして日本人は信頼できる。
 
実はこれが、TOKYO2020+1がもたらした
最大のレガシーのようにも思うのです。
チケット収入がほぼ水の泡となり、
その分の負担額は東京都民で約4万円、
日本国民でも約1万円と言われてますが、
過去40年間対中ODAに投じてきた総額と、
それによって日本が被ってきた屈辱を
勘案すれば、今回の方が余程コスパ良し!
 
お金は生きる使い方をしなきゃーね。
そういう意味では、生きたんじゃないかな。

とはいえ、「多様性と調和」を掲げた
大会を手放しで喜ぶものでもありません。

開会式の聖火最終点火者は、過去五輪で
華々しく活躍した女子レスリングの
選手の方が余程相応しかったと思うし、
 
 
 
閉会式で「日本各地の踊り」と称して、
北海道のアイヌをぶっ込んできましたが
なんとも不自然。一部の権利主張団体の
インチキを全世界に発信してしまった
大変罪深い行為だと非常に悔やまれます。
 
 
 
北日本発祥ならソーラン節や青森ねぶた、
山形花笠など、有名な踊りならいくらでも。
正直、徳島の阿波踊りはなぜ出ないんだ?
と非常にモヤモヤしたのを思い出します。

つーか、最初から東京音頭だけでよくね?
 
 
これぞ、多文化共生ならぬ他文化強制!

 
日本国民の努力がある上で大会が開かれ、
日本選手団が大いに躍動しました。しかし、
その裏で組織委員会へ上手く入り込んだ
不届きな輩どもがいることも事実。そこが
開会式や閉会式でも見え隠れしていて、
日本の良さが伝わらず残念に思いました。

さすが、大手代理店のD社らしい仕上がり!
 
始まる前は、共産主義者を中心として
「東京五輪反対!」を連呼してましたが、
選手が活躍した結果、日本中が盛り上がり、
中止の声は一気にトーンダウンしました。
 
 
 
今にして思うと、彼らが狙っていたのは、
 
1)五輪によって日本の選手が活躍する。
2)選手の活躍によって日本が明るくなる。
3)結果、日本が元気に、そして団結する。
 
これらを阻止したかったのだと分かりました。
 
2週間後にはパラリンピックが開幕します。
何故かコッチには不思議と中止を叫びません。
誤解を恐れずに言えば、注目度はそこまで
高くないからでしょう。お身内でもない限り、
一般の人が仕事の手を止めて見ることもない。
 
種目によっては何大会も第一線に君臨して、
数え切れない程のメダルを取る選手もいます。
本人が研鑽を続けることは大変偉大ですが、
それを認めてもらえる環境、そして優れた
装具のアシストがあればこそだと思います。
 
競技人口が少なくても金メダルは金メダル。
そのご努力に水を差すものではありませんが、
発展途上国では競技を続けることすら困難。
冬の大会ほどではありませんが、環境面で
かなり恵まれていないと難しいのでしょうね。

加えて、正しく理解されることの困難さも。
 
だからでしょうか、朝から妙な番組をやってます。
今朝はパラリンピックの顔とも言える某有名選手。
それが番組企画とはいえ健常者と競うのです。
 
 
 
最初は芸人が相手。当然ながら選手が勝ちますし、
当て馬的な芸人は面白くもなく企画的にもアウト。
そもそも、障害者とはいえ鍛えている選手と、
大会目前で、素人同然の芸人を競わせるって、
かなり失礼なことだと思うのです。しかも…
次に登場したのは健常者の元五輪メダリスト。
現役を引退していても、一般人レベルではない。
それを競わせて…。元五輪選手は勝ちました。
しかもご丁寧なことに、敗因分析と称して
歩幅を細かく測り、義足の方が距離が長い!
実の足でもう少し跳べてたら勝てたかも…
ってそんな情報要りますかね。呆れました。
 
時折見え隠れする番組スタッフには決して
悪意などなさげに見えます。パラリンピックを
目前に控え、注目してもらいたいと思っただけ。
また、選手の方も自分が出演することで世間が
少しでも関心を持ってくれればいいと企画を
受け入れただけのように思えなくもありません。
 
けれど、テレビの前で観る側は後味の悪さを
感じてしまいました。身体の一部を失ったり
機能を損なったりしていてもこれだけ出来る!
そのこと自体はとても素晴らしく、大会では
それだけを取り上げてくれればいいのです。
 
素人と競わせて「強いですね」も失礼だし、
元五輪選手を呼んでパラ選手を困惑させる、
そして企画とはいえ健常者が勝つに至っては、
ホントもう胸クソでした。一体誰の発案だ?
 
偏差値の高い学校を出て自分はエリートだと
勘違いしている連中は正真正銘のクズだって
バレちゃいましたね。常識外れも甚だしい。
それが公共放送か! 受信料などもう取るな!
 
TOKYO2020大会と一括りにされてますが、
やはりオリンピックとパラリンピックは
違うようです。オリンピックの開催前に
中止や再延期を声高に叫んだ人がいました。
「新型コロナの感染拡大を防げるのか!」
という主張だったと記憶していますが、
五輪閉幕後の「感染者数」はそのときより
大幅に増加しています。なのに黙っている。
医師も、メディアも、学者も、政治家も。
開催されれば、選手は活躍するだろう。
けれど、日本中が熱狂するほどでもない。
なので、分断工作は不要。静観すべし。
そう考える頭の中身が透けて見えそうです。
 
そういや、もうひとつ大会が始まりました。
夏の甲子園。台風で順延され今日が開幕。
あれだけ声高に五輪中止だと大騒ぎした
某新聞社の主催ですが、しれっと開催です。
 
 
 
「表向きは無観客」だとしていますけど、
学校関係者や親族などの「お身内」は別。
ダブルスタンダードを競うとなったら
優勝候補の最右翼でしょうね。いや左翼か?
 
金メダルを獲得した柔道の阿部兄妹が
試合直後のインタビューで、くしくも
同じような嬉しいことを言ってました。
 
 
「大会を開いて下さり有難うございます!」
 
人間が生きるには楽しみが必要です。
競技スポーツもそのひとつだと思います。
選手はもとより、その関係者、家族、
友人、職場の同僚や観客に至るまで。
そういう人々が待ち焦がれる舞台は
決して奪われるべきではありません。
 
大したポリシーもなく、自分たちの
主義主張のため、尤もらしく異を唱え、
国民の分断を意図した工作を巡らせた。
そんな大人たちに今一度考えて欲しい。
 
それって、やってよかったのか?
 
閉幕した五輪に思いを馳せつつ
開幕したばかりの甲子園大会を
皆が喜べるものと出来るように
もういい加減、ダブスタはやめて!
そして、本当にやってよかった!
と自他共に認められる関わり方を
してもらいたいと強く願います。
 
 
 
五輪開会式の選手入場にさえ
並び方が旭日旗を連想させる!
と毎度ながら因縁をつけた国が
ありましたけど、この新聞社の
社旗については何も言いません。
 
ホントなんでだろう…このモヤモヤ、
○文式で解明できないものでしょうか。
 
X-Y=0 …とか。シンプル過ぎる?
 
意外とそんな程度かも知れませんな。

便利さの代償。(カテゴリー: 社長のつぶやき)

更新日:2021/07/19

今日は元々「海の日」という名の祝日。
けれど、TOKYO2020大会開催のために
今年の海の日は22日へスライドしました。
結果として平日扱いとなり、カレンダーの
表記は祝日なのに子どもは登校、大人は出勤
という何とも妙なことになってしまってます。
 

 
それもこれも法律によって祝日を動かせる
という便利さのなせる業。しかも今回は
5月の時点で閣議決定がされておきながら
約半年間もほったらかしでした。お盆を過ぎ、
カレンダーや手帳を印刷する時分になっても
徒に国会を空転させていたのです。嗚呼…。
 
漸く、2020年11月27日、臨時国会で祝日の
移動に関する特措法が可決・成立しましたが、
業界の混乱など微塵も考慮しない怠慢ぶり。
 
反対意見などまず出ないと踏んだのでしょう。
その思惑通り、余裕で可決・成立しました。
法律一本で変更できる便利さは分かるけど、
もう少し迅速に(例えばお盆前までとか)、
出来なかったものかと、残念でなりません。
 

 
ですが、祝日とは元来決まっているべきもの。
その日を祝日にした意図があり、その目的の
ために国民が祝う。ゆえに休みになっている。
私はそう理解してますが、現実は違いますね。
 
カレンダーのどこを赤く塗るか。可能なら
連休が増えるようにしよう。そうすれば、
みんな喜ぶし、国民もオカネを使うだろう。
 
ハッピーマンデーという仕掛けの本質です。
 
たしかに、一見合理的とも思えますし、
特別措置法を通せば随時変更も可能です。
便利には違いないですが、祝日が持つ本来の
意味や目的を正しく認識できないとなると
弊害も大きいんじゃないかって気がします。
 
便利になるってのも考えものですね。
 
ワープロという言葉は今や死語化している
かも知れませんが、使ってる人や、それが
どういうものなのかを知っている人の方が
まだまだ多数派でしょう。ワープロは元々、
 

 
ワードプロセッサ(英: Word processor)、
または文書作成編集機とも呼ばれたようで、
PCで文章を入力、編集、印刷できるように
開発されたシステムです。非常に便利な反面、
「書かなくなる」ため「漢字を忘れる」と
よく言われました。けれど本当の弊害は
「書けなくなる」ことの方では?と思います。
 
実際、PCでだったらナンボでも打つけど、
自筆で書くとなったらもう大変。漢字が
思い出せないぐらいは百も承知。とはいえ、
それは調べれば何とかなります。けれど、
何枚もの便箋に認めるほど手が続かない!
 
しまいには、ペンの持ち方や自分で書いた
ひらがなに対してでさえ、「合ってるか?」
という妙な感覚が次第に頭をもたげ始め、
いわゆるゲシュタルト崩壊に陥るのです。
 

 
そうなるともう無理。子どもの頃に使った
漢字練習帳が恋しくなるかも知れません。
 
ホンマ、便利になるのも考えものです。
 
IoTという言葉が生まれて久しいですけど、
私たちの身の回りにあるものがネットに
つながる現実は、すでに到来しています。
 
スマホで撮った写真がクラウドへ上がり、
ほぼリアルタイムで別のデバイスからも
アクセスできる機能はとても便利です。
 
スマート家電というカテゴリの商品も
生み出されていますが、それがなくても
スマートスピーカーとリンクさせれば、
赤外線式のリモコンで制御できる家電は
声だけで操作可能です。本当にビックリ!
 

 
「ア〇クサ」というウェイクワードによる
呼びかけなしで、スマホからの操作も可能。
なので、暑い夏に外出先からエアコンを
付けておけば、帰宅時には冷えている!
という使い方も御茶の子さいさいです。
 
けれど、常時ネットにつながっている…
ということは、常時他者からの接続を
許している…ということでもあります。
 
スマホのカメラで勝手に撮影され、
(シャッター音は巧みに消すらしい)
ユーザーの知らないうちに発信される。
しかも、普段使うアウトカメラでなく
自撮り用のインカメラを乗っ取られる。
ユーザーが、いつ、どこで誰といるのか。。。
 

顔認識技術の急速な高度化によって、
ビッグデータを処理すれば、簡単に
解析されてしまいます。便利だからと
怪しいアプリをインストールすれば、
スマホ自体を乗っ取られかねません。
 
そういえば、自国の15億人を1秒で。
全世界の70億人を2秒で同定できる!
って豪語してた某国がありましたな。
 
また、防犯対策やペットの観察用にと
ウェブカメラを取り付けているという
人も結構増えてきました。ネットにも
つながり、出先からいつでも様子が
見られるという便利なグッズですが、
帰宅したユーザーがなぜか視線を感じ、
振り返るとウェブカメラと目が合って?
 

 
その瞬間、ウェブカメラの方が視線を
そらしたという、ウソのような話も…。
 
かく言う私も実はスマートスピーカーの
ヘビーユーザーです。あまりの便利さに
自宅でも職場でも複数台配置しており、
とても快適に使っているのですが、
よく考えたら、かなり無防備なこと。
 
1)アカウントをつくる際に住所を登録。
2)スピーカーのある部屋を明確にする。
3)ユーザーの行動はルーティンである。
 
以上の条件が揃えば、スピーカーに
呼びかけない≒留守の可能性が大!と
触れ回っているようなものですし、
そうでなくとも、ウェイクワードで
呼べばいつでも反応するってことは…
すべての会話・音声を聞かれている…
ということの証明でもありますから。
 
なので、試しに訊ねてみましたよ。
「アレ〇サ、盗聴してる?」って。
 

 
それに対する返しがとても秀逸。。。
 
目に見える形での実害はないものの、
ともかく、便利すぎるのは考えもの。
つくづく思い知らされた気がします。
 
 
-追 記-
件のスマートスピーカーのみならず、
ネットにつながる様々なサービスを
利用するためにはアカウントが必要。
大抵は、IDとパスワード、それ加え、
メールアドレスの入力が求められます。
場合によっては、氏名や生年月日も。
 
その製品がどの国で作られたものか。。。
よくよく考えれば、とても恐ろしい。
 
アカウントごとにメールアドレスを
使い分けているという人は多分まれ。
大抵の場合は、似たようなIDであり、
もしかすると毎度同じパスワード。
しかも、ご丁寧に氏名や生年月日も
登録しているとなると、それ以外の
様々なアカウントまで類推されて
突破されるのは想像に難くないです。
 
ビッグデータ活用で便利な世の中かと
思いきや、代償の方が大きいかも…です。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.