東和工業株式会社

ブログ

プチ改善報告。(月別: 2020年3月)

更新日:2020/03/30

ナットホーマーで使用する油をキレイにしてくれる装置。

まあまあ大がかりな機械です。早速取り付けてみました。

効果の程はこれからですが、大活躍してくれることを期待します。

春の足音♪(月別: 2020年3月)

更新日:2020/03/18

弊社の別館に植樹した枝垂れ桜にほんの少し、蕾がつきました。

新型肺炎コロナウイルスが世界中に蔓延し、

『明日は我が身』と日々気を張って生活をしている中、

ほんの少しだけ気持ちが“ほっこり”しました。

春の訪れるとともに、新型肺炎コロナウイルスが終息することを願います。

フクシマフィフティ。(月別: 2020年3月)

更新日:2020/03/11

映画「Fukushima 50」を見ました。

原作は、門田隆将著のノンフィクション書籍
『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の500日』。

東日本大震災発生後に福島第一原発へ留まって
対応業務に従事した約50名の作業員たち、
通称「フクシマ50」の闘いを描いた作品です。

もう…実際にあった話だけに半端ない現実感。
著者は当時事故対応にあたったプラントマンに
取材し、ディテールまでを丁寧に描いています。
施設や内部の操作パネルなども忠実に再現。
映画のモデルとなった人々を招いた試写会では、
あまりのリアルさに、それを見た人々が
フラッシュバックを起こしたほどだそう。。。

報道されなかった当時の真実が描かれています。

事故当時、ほぼ絶望的と思える状況の中で、
なぜ彼らは現場に残ることが出来たのか。
世界中の人々が日本人の対応に驚愕しました。

全電源が喪失した中、自ら決死隊に志願して
手動によるベント(バルブの解放)を試みる作業員、

それに対して、無能ぶりを発揮する政府・官邸と、
彼らの愚行に右往左往する電力会社本店上層部、

どうでもいい情報を伝え続けるマスコミと「専門家」。

いかに多くの相手と闘ったのか、本当にゾッとします。

余震が続く中、放射能という見えない恐怖に震えながら

避難所で身を寄せ合う人々、

アメリカ軍の全面協力を得て描いた「トモダチ作戦」、
万策尽きた状況下で退避要請を出した所長に対し、
「我々の仕事は国を守ることですから」と留まる自衛隊、
そして、最後は原発を枕に腹をくくった指揮官と、

彼となら一緒に死ねると行動を共にした職員たち。

もう、涙なしでは見られません。

映画「空母いぶき」ではイマイチだった若松節朗監督と
佐藤浩市も、本作品では全く違います。さすがプロ!

今日で、東日本大震災から丸9年。
私を含め、離れた所で何気ない日常を
過ごしている人も多いことでしょう。

けれど、それはあの時にあの場所で、
後先を顧みず原発事故と闘った
福島の人々のお陰だったのです。

本当に…ありがとうございました。

日本に暮らすすべての国民に、
そして世界中の多くの人々にも、
是非とも知ってもらいたい本当の話です。

日本アカデミー賞も、こういう作品を選ばないとダメね~。

令和2年のアップデート。(月別: 2020年3月)

更新日:2020/03/11

先月の社長面談を終えて、社員プロフィールを刷新しました。

ものは、当社別館の談話コーナーに掲示しています。

今回は「東和工業(株)の特長」と題して、思うところを訊いてみました。

結果…、

素材からの一貫生産が強み、転勤がない、ISO9001を保有している、
残業がほぼない、堺技衆の認証企業、保有在庫は種類も量も多い、
休みが決まっている、大阪府の匠に選定されている、車で通勤出来る、
即納を可能にする体制を有している、フリードリンクである、
大阪エヴェッサのスポンサー、ねじの仕事は多分なくならない、
朝食サービスがある、HPやSNS(動画含む)など発信力がある、
昼食代が実質ゼロ円、ある程度の非常食を配備している、
仮眠室・シャワー室がある、通勤時間が比較的短い、
社有車両が比較的新しい(キレイ)、退職金制度が整っている、
隔年で社員旅行を行う、仕事がシステム化されておりシンプル、
毎年昇給がある、夏は暑気払い(BBQ)をする、毎年伊勢参宮を行う、
賞与は年2回必ずある、教育・訓練に力を入れている、
期末賞与が時々ある、鏡開きイベントを自社で行う、
社内で定期的な研修会を実施している、禁煙奨励制度がある、
今宮戎神社へ戎詣でしている、ものづくりのノウハウが身につく、
社員持株会がある、インフルエンザの予防接種が無料、
社員が比較的若い、永年勤続表彰がある、社員同士の関係が良好、
誕生日を祝ってもらえる、風通しの良い社風、資格取得に積極的、
設備・備品の購入に寛容、作業服の貸与が年に2回ある、
専門分野を持つ士業の人との関わりが多い、サービス残業がない、
ユニークなノベルティを持っている、社長との距離が近い、
頑張ったことは評価してもらえる、早い出社で早く帰れる、
お互いに助け合うことを尊ぶ社風、集会時に功労賞を讃えている、
NP460ホーマーがあるのは当社だけ、新卒者の入社式を実施する、
人間力を上げるための取組み姿勢がみられる、65歳以上でも働ける、
年末に福袋(中元・歳暮のお裾分け)がある、キッズルームを有する、
週初めの朝礼前にビデオ研修を行っている、
植樹に積極的で季節ごとに花が楽しめる…などなど。

会社を知ること、同僚社員を知ること、そして自分自身を知ること。

このような活動を通じて、より良い仕事が出来るよう努めて参ります。

リニューアル!?(月別: 2020年3月)

更新日:2020/03/11

切削課にあるタッピングマシンです。

ナットブランクを一時的に溜め置くホッパーを

鉄板の継ぎ接ぎ加工だった従来品から新しくしました。

一見すると分かりにくいかも…ですが、

元々のやつ(内側)はこんな感じ。

現行の鋳物製は加工も滑らかで、かかる負荷も少ない印象。

長持ちしてくれることを期待します。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.