東和工業株式会社

ブログ

お取引様よりの頂き物。(月別: 2020年4月)

更新日:2020/04/15

長年お取引のあるお客様よりマスクが届きました。

この大変な事態の最中、弊社を気に留めていただき感謝の気持ちで一杯です。

ハードロック工業株式会社様へは社員一同お礼を申し上げます。

桜の開花と・・・・(月別: 2020年4月)

更新日:2020/04/01

2回目の春を迎える弊社敷地内にある枝垂桜。

公園で見かける桜より遅ればせながらですが、ピンクが濃くかわいらしく開花しました。

周りの木に比べたら背丈が低くて存在感が薄いのですが、元気と希望をもらって幸せな気持ちになりました。

そして少し前から気になっていたものが・・・・これです。

2月に咲いた梅の木に、実がなりました。鳥の餌食になるのでは・・としばらく前から見ていたのですが、どうやら餌になるほどおいしくないようです。

4月バカ。(月別: 2020年4月)

更新日:2020/04/01

「実はわだす、新型○○○なんだす」

そういう「嘘」が冗談では済まないほど、
今年の春はとんでもない事態になってます。

しかも耳馴染みのないカタカナ用語が跋扈し、

より一層の不安感が国内外に蔓延しています。

・オーバーシュート(爆発的患者急増)
・ロックダウン(都市封鎖)
・メガクラスター(大規模な感染者集団)

子どもよりも老人の方が危険だと言われている今回の病、

高齢者にこの表現でうまく伝わるのでしょうか?

カタカナ好きで知られる某都知事が、嬉しがって

多用している風に見えなくもないのですけど、

アウフヘーベンにはほど遠く、どうやら理由がありそう。

ネットで調べたら出てきました。専門家によると
「日本では深刻な危機に直面すると、政府や
マスコミが国民にショックを与えそうな言葉を
柔らかく言い換える癖がある」のだそう。

そういえば、福島原発事故のときにも
ホットスポットってよく言ったてましたね。
これなんか、(高濃度汚染箇所)ですから。

今回の新型ウイルスは高齢者ほど危険!
であれば、なおのこと日本語表現が望ましい!

そりゃ、こっちの方が断然わかりやすいです。

カタカナ好きの都知事にして、「3密」はグッジョブ!

桜の開花とともに日ごと春めくこの季節、
いつもなら心ウキウキする4月なのに
今年は何もかもが台無しです。

今起こっている現実は、どこか夢のよう…
新型ウイルスの騒動も全て「嘘」であり、
「だいじょうぶだぁ~」とふざける声が
聞こえてくる日常に戻れるとしたら
どれほどいいことでしょう。

「あんだって? ぜんぶ夢まぼろす?」

バカげた妄想に耽りたい今年のエイプリルフールです。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.