東和工業株式会社

ブログ

今日は仕事納めと大掃除。(月別: 2021年12月)

更新日:2021/12/29

お陰様で、今日が私どもの仕事納めです。そして午後からは大掃除。

一年の汚れをキレイにしました。傷んだ箇所へは塗装も施し、気分もスッキリ。

お中元やお歳暮でいただいた品物は福袋にして社員みんなにおすそ分け。

これで新年を気持ち良く迎えられそうです✨

集会と忘年会を行いました。(月別: 2021年12月)

更新日:2021/12/13

先週の土曜日、今年後半の節目となる集会がありました。

社長からは冬の賞与と、改善活動の年間優秀表彰が手渡されました。

そして、その後は場所を移して忘年会へ。

美味しい食事をいただきながら楽しい時間を過ごせました。

間もなく終わる令和3年ですが、来年も元気に頑張れそうです。にんにん!

工場見学会実施中!(月別: 2021年12月)

更新日:2021/12/09

師走に入ったものの、比較的暖かく天候にも恵まれています。
新型株で騒がしいですが一時期よりは落ち着いたコロナ禍…
今週もお取引先さまをお迎えして、見学会を実施しました。
 
 
 
(↑)ねじ切りのタップや包装ラインをご覧いただいたり、
(↓)ナットホーマーや当社独自の取組みをご視察されたり。
 
 
 
マスク越しゆえ、ご説明も聞き取りにくかったと存じます。
かつてのように飛沫を気にすることなく、大きな声で
ご案内ができる日が来るのを心待ちにしています。
 
お忙しいところ、お越し下さり有難うございました。

要らぬ忖度。(月別: 2021年12月)

更新日:2021/12/04

南アフリカから新型コロナの変異種、
オミクロン株が広がり始めています。
 
α(アルファ)やβ(ベータ)と同じ
ギリシャ文字のο(オミクロン)。
序列としては15番目だそうですが、
ペルー由来のラムダ株(昨年12月)や
コロンビア由来のミュー株(今年1月)から
およそ1年弱。13番目の注目変異株として
名前を与えられました。
 
   
 
けれど、何故か13番目のν(ニュー)や
14番目のξ(クサイ)が使われない不思議。
 
ν株は英語だと、Nu variant だから、
New variant is Nu variant.となって
実にややこしい。たしかにこれは分かる。
 
けれど、ξ株なら、Xi variant となり、
(何ら問題はなさそうですが…)WHOは
「一般的な名前と同じだ」という名目で、
 
  
 
(実はC国の要人と同じだから)回避した…
との憶測を呼んでいます。絶対そうだろ!
 
元々この病気はC国・武漢で発生しながら
それを隠蔽して、全世界へ広めたのです。
隠そうとすればするほど表に出る不思議。
 
イギリス株をα、インド株をδ(デルタ)と
改称したところで本質は何も変わりません。
 
 
 
発症がC国であることを隠そうとするほど、
余計に注目を集めてしまうパラドックス。
たかだかオミクロン株命名をめぐる騒動にも
神様の悪戯めいた面白さを感じてしまいます。
 
けれど、今回の新型変異株に対しては、
日本の初動もかなり早かった印象です。
イスラエル、英国、で…その次ぐらい?
 
水際で封じ込めないと大変なことになる。
新型コロナ有識者会議の会長が苦労する。

 
  
 
名は体を表すため、新型株で尾身苦労…

とか、ブラックジョーク的に尾身黒と
ならぬよう願いますが、古巣のWHOも
そこまでの気遣いはしてくれないのね。
ぶっちゃけ、差別では?と同情します。
 
「ξ」と「Xi」って、音の響きとしては
「臭い」と「シー(習)」に酷似しています。
 
今後は、あの御仁のことを臭〇平って
呼ぶ方が適切では?とまで囁かれる始末。
(正直、イイ匂いするイメージは皆無)
 
妙な忖度か、或いは外圧なのか、
余計な小細工をすればするほど
かえって自分に突き刺さっちゃう。
 
  
 
アッチ界隈の伝統芸は、国内外を問わず
バッチリ根付いてるのかも知れません。

小さい…秋?(月別: 2021年12月)

更新日:2021/12/03

師走に入りましたが、当社ではドウダンツツジが見頃です。
漢字で書くと、灯台躑躅。
 
 
 
枝分かれしている様子が、夜間の明かりに用いた灯台の
脚部と似通っており、そこから転じたものなのだとか。
 
 
 
よく見ると手前の木はもう終わり。でもって一番奥は
紅葉半ば…という結構なバラバラ加減で、春に咲く
ソメイヨシノ(実はクローン)とはひと味違います。
 
厳しい冬はもうすぐそこですが、まだしばらくは、
終わりゆく秋を愉しめそうです。

東和工業地図
TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.