東和工業株式会社

ブログ

冨士。

更新日:2018/07/01

日頃は意識することなど全くないのですが、

当社の応接室に飾ってある富士山の絵画。

それを見た取引先のある方から、こう言われました。

「富士山がお好きでしたら、いい写真があるんです!」

!P1180789

で、頂いたのがコレ。額に入った、とても立派なものです。

聞けば、創業オーナーが飛行機から撮影したものだそうで

20年以上も前に撮った、フィルム時代の貴重な1枚です。

大伸ばしにも耐えるその腕前は、まさにホンモノ。

ヘナチョコ撮影家の私など、到底足元にもおよびません。

(言い訳ですが、実は写真を写真にするのって結構大変…)

tomi

“ふじさん”の記述には、富と冨のいずれもが用いられます。

一般的には富士山ですが、冨士山も間違いではないのだとか。

富が蓄えられるのは嬉しいことですが、ウ冠だと

掴むところがあるので、フタが開いちゃう?

でもって、中にある大切な蓄えが外に出ちゃう?

そう言われると、ワ冠にも一理あるような気がします。

(ただし 上記は個人の感想です)

起源は諸説あるものですから、決め打ちはいけませんね。

ooura

先日、九州の潜伏キリシタン関連施設が世界文化遺産に

決まりました。これはこれで誠に結構なことなのですが、

実は、富士山も世界文化遺産。──自然遺産ではないのです。

『信仰の対象であり、芸術創作の源泉である』というのが

表の理由。でもって『汚すぎる』というのが裏の理由です。

登山愛好家の間でも、こんな言われ方をされるのだそう。

「富士山は、登る山ではなく遠くから見る山」

yamabiraki

今日からいよいよ7月。そして富士山の山開きです。

登山客の増加で活気づくシーズンも、心配なのはゴミ問題。

富が貯まるのは喜ばしいことですが、ゴミが溜まるのは

考えもの。ひどい場合は世界遺産も剥奪されるという話。

やっぱり、点のない「冨」士山の方がいいのかも知れません。

でもって、自分自身が山頂に立って「点」を添える。クゥー!

いずれにしても、富士山は日本一の山に違いありません。

皆から愛され、訪れたい!と思われる山であって欲しいです。

そして、我が家でもいつか家族全員で御来光を拝みたい!

子どもらがまだ生駒山レベルにある私の、ひそかな野望です。

TOPへ

copyright© towa-kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.